転職活動

転職35歳限界説はウソ!即戦力なら年齢不問で採用される

転職のノウハウが書かれた本
この記事はこんな人向け

・転職は35歳が限界って聞いたけど本当?

・何歳まで転職できるの?

本記事ではこんな疑問にお答えしていきます。

私は転職エージェントで勤務していますが、結論から言えば転職できる年齢に上限はありません。

50代だろうと60代だろうと、です。

ただ、それはあくまでも即戦力として採用される場合であり、未経験のポジションであれば30歳前後がボーダーです。

詳しく解説していきます。

未経験で採用されるのは30歳が目安

新卒と違って、中途採用は基本的に即戦力採用の意味合いが強いです。

未経験で採用する場合には、実際に戦力として活躍してくれるまでに育成期間が必要になることから、できるだけ若い人材の方が好まれます。

目安としては未経験の求人で採用されるのは30歳が上限です。

ただ、これはあくまでも需給のバランスで決まることなのでケースバイケースです。

例えば、不人気の求人であれば年齢不問で採用するケースもありますし、逆に人気の求人なら未経験者は25歳くらいまでしか採用しないケースもあります。

業界を変えるよりも職種を変える方が難易度は高く、年を重ねるほど職種の変更は難しくなります。

30歳以上はそれまでのスキルと経験重視

ポテンシャルを見てもらえるのは20代後半までで、それ以降は基本的に即戦力としての活躍が求められます。

即戦力であるとは、年齢と経験のバランスがどちらも取れていなければなりません。

例えば、「営業経験3年以上」を応募要件とする求人があったとします。その候補者として、25歳で営業経験3年もった人材と、50歳で営業経験が3年という人材がいた場合、年齢と経験のバランス的に前者の方が評価されます。

30代後半になるとマネジメント経験が求められますし、50代半ば〜60歳を過ぎてくると、正社員としての雇用ではなく契約社員としてのオファーが多くなるでしょう。

企業は採用コストや入社後の研修コストの元を取るためにも出来るだけ長期で働いて欲しいと考えているため、正社員としてのオファーにこだわるのであれば40代後半〜50前半までが一つの目安となります。

「元を取るため」と書きましたが、それ以外にも「今いる部長が50歳だからそれより年上の人材を部長の下に置くわけにはいかないし、かといって部長のことを考えると上にポストを作ることも出来ない。」というような組織の年齢構成による制約もあります。

しかし、求められるスキルや経験さえあれば正社員での転職は何歳でも可能です。特に、企業がその事業を行う上で必要になる特殊な資格を持っていたりすると有利になることがあります。

例えば医薬品を扱う会社が事業所に薬剤師資格を持った人材を置かなくてはならない、というような場合だと実際に薬剤師の知見をフルに使った業務がたくさんあるわけではなく、資格を持った人が籍を置いている、という事実が重要なので年齢は重要視されません。

生涯ずっと現役で働きたい方は、そういった企業に欠かせないポジションを目指して資格の取得などをしてみてもいいかもしれません。

年齢に合った転職エージェントを選ぶことが大事

転職活動を成功させるには自分の年齢にあった転職エージェントを使う事が重要です。

ベテランの方が若手に特化した転職エージェントを使っていても求人は紹介してもらえません。

と言っても、転職に慣れていない方が自分にあったエージェントを探すのは難易度が高いと思います。

もし自分の年代に強いエージェントが見つからないようなら、大手総合型のエージェントに登録しておきましょう。

どの年齢、業界、職種経験の人でもカバーできるのが大手総合型の強みです。

以下の記事でオススメの大手総合型エージェントを紹介しているので、もしまだ登録していないエージェントがあればまとめて登録しておくと良いです。

お勧めの転職エージェント
誰にでもオススメできる転職エージェント4社を厳選 本記事で解決する疑問や悩み ・転職エージェントがたくさんありすぎて、どこに登録したら良いかわからない こんな疑問を解消します。...

50代以降なら正社員以外の選択肢も検討しよう

前述のように、50代の半ばに差し掛かってくると正社員のオファーは徐々に少なくなってきます。

しかし、「これまでの経験をもっと社会のために役立てたい」「定年で給料が半減するくらいなら外にいい機会を探したい」と考える方は多いと思います。

そうした方はプロジェクト単位での業務委託案件を引き受けるなど、正社員以外の道も検討されてはいかがでしょうか。多くの企業は50代、60代の方がこれまで培われてきたスキルや経験、ノウハウを必要としています

最近は顧問派遣のようなサービスも出てきていますので、正社員という形態にこだわりさえしなければ、報酬も仕事のやりがいも両立させられるチャンスはあるはずです。

転職活動は年齢という制約を間違いなく受けます。

経験の浅い20代の方が大手上場企業の役員求人に応募しても受かるはずもなく、逆に50代の方が未経験歓迎でポテンシャル重視の求人に応募して受かる可能性は極めて低いのです。

しかし、雇用形態などの条件にこだわりすぎなければ、あなたを評価してくれる会社や求人はきっと見つかるはずです。

転職活動は長期戦になりがちですが、気持ちを強く持って頑張りましょう!

失敗しない転職エージェントの選び方をいますぐチェック!