面接

英語面接が不安な時の対処法

外資系企業に転職するなら英語面接対策は必須

もし外資系企業への転職や、日系企業でも海外営業のような英語力が必要なポジションへの転職を考えているのであれば、英語面接の対策は必須です。

英語力が必要な企業では、選考の過程で英語力があるかどうかは必ずチェックされますし、そもそも外資系企業の場合には面接官が外国人だったりします。

日本法人の中での選考で完結する場合には面接官も日本人であることが多く、その場合には英語力を図るためにわざと英語で質問してくるケースはあります。

ただ、これが海外本社や地域統括拠点など海外拠点の人が面接官として出てくることもあり、そうなると面接官は日本語を話せません。

加えて言えば、面接官の英語は必ずしも綺麗な発音の聞き取りやすい英語であるとは限りません。

個人による差もあれば国によるイントネーションの差もあります。

実際、「面接官がインド人で英語で聞き取りづらかった」というような類の話はよく聞きます。

英語面接対策に外資系の転職エージェントがオススメの理由

もし英語面接を乗り切れるか不安なら、外資系の転職エージェントに相談してみることをお勧めします。

転職エージェントの大手といえばリクルートエージェント(リクルート)やdoda(パーソルキャリア)など日系のエージェントの方が思い浮かぶ人が多いと思います。

しかし、そうした日系のエージェントには英語ができるコンサルタントが極めて少なく、英語面接の対策をお願いしようにもスキル的に無理な場合がほとんど。

一方、外資系の転職エージェントであればコンサルタントは基本的にバイリンガル。

日本人のコンサルタントでも英語ができますし、外国籍のコンサルタントも数多く在籍しているので、英語面接の対策もお願いすればちゃんとしてくれます。

外資系のエージェントで大手なのはランスタッドやロバートウォルターズなど。

もしまだ登録していない人は登録してみてください。

ロバートウォルターズに今すぐ無料登録する

ランスタッドに今すぐ無料登録する

失敗しない転職エージェントの選び方をいますぐチェック!