転職エージェント

転職エージェントの非公開求人はどうすれば見れるの?なぜ公開しないの?

非公開求人を見る方法
本記事が解決する疑問や悩み

・転職エージェントのサイトにある非公開求人がどんな求人なのか見てみたい

・そもそもなんで非公開にしているの?

こんな疑問を解消していきます。

転職エージェントのサイトを見ると、「取扱求人の70%は非公開求人です」などと書いてますよね。

転職を考えている方であれば、非公開になっているのがどんな会社のどんな求人なのか気になると思います。

結論から言ってしまえば、非公開求人を自由に見ることは出来ません。

しかし、非公開求人の一部を紹介してもらう方法や、非公開の状態でどの企業から出ている求人なのかを知る抜け道的な方法はありますのでご紹介していきます。

非公開求人とは何か?

非公開求人が保管されている金庫

非公開求人とは、転職エージェントが企業から預かっている求人の中で社名を出していない求人のことを言います。

求人票の中で仕事内容や応募要件だけはそのまま見せて、企業名は「東証一部上場の機械メーカー」などとぼやかして評価することが一般的です。

そのエージェントが扱っている求人のうち、およそ7〜8割は非公開にしていることが多いです。

これら非公開求人の仕事内容にどれだけ興味を持ったとしても、社名がわからない以上自分から応募することは出来ません。

エージェント各社の非公開求人比率の比較

非公開求人へと続く扉

転職エージェントによって非公開求人の割合は異なります。

主な転職エージェントごとの非公開求人比率を調査した結果、以下の通りとなりました。

・リクルートエージェント:60%

・パソナキャリア:80%

・ジェイエイシーリクルートメント:60%

・doda:50%

・マイナビエージェント:80%

・ランスタッド:80%

差はありますが、どのエージェントも半分以上の求人を非公開にしているようですね。

非公開求人を見るには転職エージェントへの登録が必須

非公開求人を見れない女性

非公開求人を見るためにまずすべきことはそのサイトを運営している転職エージェントに登録することです。

後述するように、登録しただけでは見ることができませんが、まずは登録しないことには始まりません。

エージェントに登録するデメリットはメルマガが面倒な程度なので登録してしまいましょう。

流れとしては登録⇨面談⇨求人紹介という流れになります。登録作業自体は数分程度で終わるのですぐにやってしまいましょう。

転職エージェントが求人を非公開にしている理由

求人を隠している女性

なぜ転職エージェントは非公開にしているのでしょうか。

それは転職エージェントのビジネスモデルに秘密があります。

転職エージェントは成功報酬型のビジネスモデル

よく求人広告と転職エージェントのサービスを同じだと思っている人がいますが全然違うサービスです。

求人広告の場合には企業が求人をメディアに掲載するにあたりお金を支払います。

求人広告を出して一人も応募が来なくても、1000人から応募が来ても料金は変わりません。

一方、転職エージェントに企業が依頼する場合は違います。

転職エージェントのサイトに載せる求人に対して企業はお金を払っていません。

ではいつお金が発生するかというと、転職エージェント経由で人材を採用出来たタイミングです。

いわゆる成功報酬制というフィー体系なのです。

採用決定時は年収の30〜35%が報酬としエージェントにて支払われます。

つまり、転職希望者を自分たち経由で企業に紹介し、採用してもらって初めてフィーが発生するわけです。

もし求人の企業名を公開してしまったらどんなことが考えられるでしょうか。

転職希望者が自分で企業に応募して入社してしまった場合、一円もエージェントにはお金が入ってきません。

1000人応募希望者を集めようが、誰も合格しなければ売り上げになりません。

そうした事態を防ぐために、企業名を公にすることを控えているのです。

そのビジネスモデルの穴を逆手にとって、企業が採用コストを減らすために候補者と結託して行われる「中抜き」と呼ばれる違法行為もあります。

ブラック企業に転職してイラつく男性
転職エージェントを通さない中抜きとは【ブラック企業を避けたい人向け】 この記事はこんな人向け 転職エージェント経由で応募してるのに企業から直接連絡が来たけどこれって大丈夫なの? 中抜きって何? ...

企業が社名を出したくない事情がある

エージェントだけでなく、企業側も自社の社名を出したくない場合があります。

例えば、以下のような場合には企業名を伏せて募集をすることが多いです。

・人気企業なので求人広告を出すと応募が殺到してしまう。応募が集まりすぎると書類選考の手間がかかりすぎてしまうため。

・経営戦略上重要なポジションなので採用することを他社に知られたくない。

・今いる人材が使えないので、その後任を内密に採用したい。

こうした事情がある場合に、企業は求人広告ではなく転職エージェント(企業から見ると人材紹介会社)を使って採用をするわけです。

その結果、ネットでの検索では出てこない非公開求人として扱っているんです。

転職エージェントがより多くの登録者を確保したいから

仮に企業が求人の公開を許可した場合でも公開されないことがあります。

その理由は、転職エージェントがより多くの登録者を獲得するためです。

転職エージェントは個人でも独立しやすいビジネスであることから日本だけでも数千社はあると言われています。

私の知り合いも何人も独立しています。

転職エージェントが事業の強みとして差別化するポイントの一つが登録者です。

企業からすればできるだけ多くの人材を抱えている紹介会社に採用を依頼したいと考えるのが普通です。

それも、単に数が多いだけでなく、採用したいポジションにマッチした人材を多く抱えるところを選ぶことになります。

「非公開求人あるから登録してね」と転職希望者を集めることで、転職エージェントは自社の商品(転職希望者のデータベース)の価値を高めていっているのです。

非公開求人を紹介してもらう方法

非公開求人を紹介してくれる転職エージェント

非公開求人を紹介してもらうには満たすべき条件があるので解説します。

応募要件を満たしていることが前提条件

非公開求人が見れるのは、転職エージェントに登録しており、かつ自分がその非公開求人の応募要件を満たしている場合のみです。

また、仮に応募要件を満たしていても面談時に伝えた希望と大きく異なる求人は紹介されません。

応募要件を満たしている+伝えた希望に合っている求人のみ紹介してもらえる

いい加減に登録するだけでは紹介してもらえない

登録すればそのエージェントが保有する求人を自由に見れると勘違いしている人がいますが、登録しても自由に検索することはできません。

その理由は先ほど説明したように企業が内密に採用したいケースがあるため、登録さえすれば勝手に見れる状態にあっては困るからです。

たまにいるのですが、氏名を「ああああ」とかで登録してくる人がいます。

おそらく登録すれば求人データベースを覗けると思ったのでしょうが、紹介された求人以外は一切見ることは出来ませんので、登録するのなら正しい情報で登録するようにしてください。

転職エージェントから求人を紹介されず落ち込んでいる人
転職エージェントから求人が紹介されない原因と対策 この記事はこんな人向け ・転職エージェントに登録したのに全然求人を紹介してくれない! ・求人はたくさん紹介されるけど希望と全然違...

エージェントに「幅広く紹介してほしい」と伝えるのが大事

非公開求人を自分で見ることはできませんが、紹介してもらえる可能性を高める事はできます。

例えば、「私の経験で応募できる求人は幅広く紹介してください」とエージェントに伝えることは有効です。

希望に合っていないと求人紹介をエージェントがためらうケースがあるので希望を広く伝えておくことがポイントです。

また、職務経歴書を改善することで、応募要件に合致していると思ってもらえる可能性を高めることができます。

より多くのスカウトをもらう戦略
スカウトが劇的に増える職務経歴書の書き方【鍵はキーワードと更新頻度】 この記事はこんな人向け ・ビズリーチに登録したけど全然スカウトもらえない ・職務経歴書をうまく書けない こんな悩みを解消...

登録せずに非公開求人を確かめる方法

抜け道として一つ方法を紹介すると、非公開求人といっても企業名が伏せられているだけで会社概要や仕事内容まできちんと情報を隠しきれていないケースがあります。

例えば、製品やサービスの固有名詞が載っているケースがあったりするので、その名前で検索すれば企業名がわかります。

社名が隠されていても、5件に1件くらいは特定できたりします。

あとは「創業○年」とか「ドイツ系外資」などといった求人票の周辺情報から調べれば企業名にたどり着けたりします。

企業理念を修正せずに載せている求人もあるので、それならコピペして検索すれば一発で出てきます。

ただ、結局応募するにはそのエージェントを通す方が良いです。

企業も選考の手間を削減するためにエージェントに依頼しているので、直接応募しても印象がむしろ悪くなるリスクがあるためです。

特別な求人を紹介してもらうには?

非公開求人を紹介してくれる男性

良い求人を紹介してもらうコツは、優秀なコンサルタントと常につながっておくことです。

転職のたびにキャリアアップしていき、年収も職位も上げていく人がいますが、彼らは大抵長い付き合いのエージェントを複数抱えています。

求人は水物です。

今日出ている求人が明日も引き続き募集しているとは限りません。

良い求人が出てきた際に自分のことをパッと思い浮かべてもらえなければ、求人を紹介されることはありません。

今すぐの転職を考えていない人でも、とりあえずいくつかエージェントに登録しておくことをお勧めします。

複数の転職エージェントを使うメリット
転職エージェントは何社に登録すべき?複数登録するメリットとデメリット この記事はこんな人向け 転職エージェントって何社に登録すればいいの? こんな疑問にお答えします。 結論から言えば、転職エ...

複数のエージェントに登録すべきとはいえ、適当なエージェントに登録してしまうと悪徳エージェントに引っかかるリスクも高めてしまいます。

もし登録するのなら、個人情報の取り扱いがしっかりしているプライバシーマークを取得しているエージェントから選ぶようにしましょう。

その中でも私が実際に利用してみてコンサルタントの質や求人の質が高いと感じたエージェントを三社ご紹介するので、もしまだ利用していないという方は登録してみてください。

リクルートエージェント



・1977年設立
 
・海外拠点
インド、インドネシア、シンガポール、タイ、フィリピン、ベトナム、マレーシア、中国、香港、台湾 ※RGF(リクルートグローバルファミリー)として集計)
 
オススメポイント1 業界最大手で圧倒的な求人数を誇る
オススメポイント2 海外ブランドも持ちネットワークが幅広い
オススメポイント3 若手からシニアまで幅広い層から支持されている

リクルートエージェントの無料転職サポートはコチラ

パソナキャリア



・1976年設立
 
 
・海外拠点
ポーランド、中国、香港、台湾、シンガポール、インド、ベトナム、韓国、インドネシア、タイ、マレーシア、ドイツ
 
オススメポイント1 オリコンの満足度ランキングで2年連続1位を取っている丁寧なサポート
オススメポイント2 67.1%の人が年収アップを実現
オススメポイント3 25万人もの転職を成功させてきた実績

パソナキャリアの無料転職サポートはコチラ

ジェイエイシーリクルートメント

・1988年設立(創業は1975年)
 
 
・海外拠点
中国、香港、韓国、タイ、マレーシア、シンガポール、インドネシア、インド、ベトナム、イギリス、ドイツ
 
オススメポイント1 外資に強いエージェントの中で最大手クラス
オススメポイント2 それぞれの業界や職種の転職に特化した専門部隊がいる
オススメポイント3 日系にも強く転職エージェント業界第3位の売上規模を誇る

JAC Recruitmentの無料転職サポートはコチラ

失敗しない転職エージェントの選び方をいますぐチェック!