転職活動

信用できる転職エージェントの見極め方

転職エージェントの中には信用できない人も残念ながらいるのが実情です。

例えば、応募すると言っていないのに勝手に自分の履歴書や職務経歴書を企業に提出されてしまったり、ロクに面接対策もせずに選考に送り出したり、求職者のキャリアや希望を考えずに強引に自分の得意先企業への転職を勧めたりしてきます。

そうした悪徳エージェントに引っかからないようにするために、信用できるエージェントの見極め方について紹介していきます。※これで全てのリスクを回避できるわけではありませんのでご了承ください。

信用できるエージェントの特徴

求人の紹介理由が明確

転職エージェントから求人を紹介された際、なぜその求人を自分に紹介したのか?という理由がきちんと明確になっていることは信用できるエージェントを見極める上で重要なポイントです。

特に大手のエージェントの場合には企業から数多くの候補者を紹介するよう圧力がかかっており、その数字目標達成のために誰にでも求人を紹介してくるケースがあるからです。

エージェントに登録する際には面談時に希望条件を伝えているはずですので、そうした自分のキャリアの展望を踏まえた上でなぜその希望に求人がマッチするのかを丁寧に説明してくれるエージェントはあなたのキャリアもしっかり考えてくれる人物と言えます。

紹介された求人企業への転職支援実績が豊富

紹介された求人企業に実際に転職支援をした実績があるかどうかも大事なポイントです。

取引開始から日が浅い企業だったりこれまでに転職支援に成功した実績がない場合にはどんな人材がその企業にフィットするのかエージェント側も分かっていません。

逆に、これまでに何名もその会社に転職させてきた実績があるエージェントであれば、その会社の内情やどんな人が合っていてどんな人がミスマッチなのかといった感覚値もしっかりと持っています。

ただし、ここで注意したいのがエージェント会社としては実績があるものの、自分を担当してくれている人自身には実績がないケース。

その場合には実績が豊富な担当者がすでに退職していたりして自分の担当者には求人企業の情報が蓄積されていない可能性もあるので、自分の担当者に実績があるかどうかを確認しておくと良いでしょう。

こちらからの連絡に対して返信が早い

最後に最も基本的なことですが、こちらから質問や何かしらの連絡をした際にスピーディに返信をしてくれるエージェントかどうかも重要です。

とにかく数をこなしていくだけというスタンスのエージェントは多数の候補者とコンタクトを取っているので自分への返信が遅くなったりすることがあります。

また、自分があまりそのエージェントにとって候補者として魅力的でない場合にも対応の優先順位を下げられてしまうことがあるので、そんな時にはすぐに他のエージェントに切り替えるようにしましょう。

失敗しない転職エージェントの選び方をいますぐチェック!