外資系企業

コンチネンタルオートモーティブへの転職は失敗?よくある転職理由と転職方法を解説

コンチネンタルオートモーティブはドイツに本社を置く外資系自動車部品メーカーの大手。

この記事ではそんな同社で働く従業員がどんな理由で退職していくのかについて解説していきます。

転職した後に「こんなはずじゃなかったのに」と後悔しないためにも、しっかりとどんな環境であるのかリサーチしていきましょう。

主な転職理由の例

希望と異なる部署へ異動となったため

自分の希望とは別の部署への異動を機に退職してしまうケースがあります。

これは業務内容が合わないという意味でキャリアの軌道修正を図る目的である場合もあれば、新たな部署での人間関係がうまくいかずに退職に至るケースもあります。

一般的に外資系企業の場合、これまでの経験と大きく異なる部署への異動はさせないことが多いのですが、コンチネンタルオートモーティブのように日本でもそれなりに規模が大きく歴史も古い企業の場合には日系企業のようにジョブローテーションが発生する企業もあります。

不満はなかったが引き抜きにあったため

特に同社への不満がない場合でも退職していくことはあります。

競合や同社での経験を欲しがる他社などから引き抜かれる場合には、職位が上がったり希望するポジションを用意してもらえたり、年収が上がったりすることもあり、「現状に不満はなかったけど今よりも良くなるなら、、」と転職していくわけです。

担当業務への投資が減ったため

業績悪化や本国の経営方針の変化などによって、自分が担当している業務への投資が減ってしまうことがあり、それを機に退職に至るケースがあります。

投資が減るということは、人も増やせず業務量が多くなったり新たなチャレンジが難しくなるということであり、自分のキャリアを考えた際に不利になる面があるため退職を決断する人が出てくるわけですね。

また、コンチネンタルオートモーティブ社ではあまり耳にしませんが、他の外資系企業などでは投資が減った分野はそのままリストラ対象にもなることがありますので、例え自分から退職を望んでいない場合でも投資が減れば退職せざるを得なくなるリスクはあります。

本国が保守的であり新しいことにチャレンジできない

投資が減るという点と似ていますが、そもそもの風土として保守的である点が合わないとして退職していく人もいます。

よく日系企業は保守的などと言われますが、ドイツ系の企業も割と保守的だと感じる人が多くいるので、アグレッシブに挑戦し続ける社風を好む人だと合わないと感じるリスクがあります。

コンチネンタルオートモーティブへの転職は失敗なのか?

コンチネンタルオートモーティブは外資系企業ではありますが割と日系企業に近い風土を持っている会社です。

なので、「日系企業が嫌だ!外資に転職したい!」という気持ちで同社に転職してしまうとミスマッチになる可能性があると言えます。

一方、今も日系企業で働いており、「今の社風に不満はないけど、同社の求人内容に興味がある」という理由で転職を考えるということであればミスマッチのリスクは少ないのではと思います。

コンチネンタルオートモーティブに転職する方法

コンチネンタルオートモーティブに転職をするのであれば同社のホームページから自己応募するか、転職エージェント経由で求人を紹介してもらいましょう。

自己応募の方が手軽ですが、エージェントを使った方が公開されていない求人を紹介してもらえたり、過去の選考内容を踏まえた書類や面接の対策をしてもらえるのでメリットが大きいと思いますよ。

外資系企業への転職支援に強いエージェントはこちらの記事で紹介しているので参考にしてみてください。⇨外資系企業に転職したい人にオススメの転職エージェント3選

外資転職の成功率を飛躍的に高めたいなら