外資系企業

ユニリーバ・ジャパン・サービスへの転職は失敗?主な退職理由と転職方法を解説

転職で失敗した男性

ここではユニリーバ・ジャパン・サービスで働く従業員がどんな理由で退職していくのかについて紹介していきます。

外資系の消費財メーカーとして転職先としても高い人気を誇る同社ですが、きちんとどんな理由で辞めていく人がいるのかを理解しておくことで、転職による失敗を防ぐことができます。

ぜひ転職活動の参考にしてみてください。

退職理由の例

ワークライフバランスの改善のため

忙しすぎるとの理由で退職するケースがあります。

働き方については先進的な取り組みをしているユニリーバですが、それでもポジションによって、時期によっては忙しくなることもあるようです。

もし転職を考える際には入社後に任されるミッションや業務内容などから業務ボリュームを見極めておくと良いでしょう。

中途に不利な会社であると感じたため

管理職になっている人の多くが新卒で入社している人であるとの理由から、この先のキャリアアップが見込めないと判断して退職していく社員もいます。

実際にどういう基準で人材の昇進や昇格を決めているのかについては分かりませんが、社内でどんどん上に上がっていきたいと考えている人の場合には自分の職種で管理職に上がった人の実績があるかどうかなど選考時に聞いておくと良いでしょう。

上司との相性が悪かったため

仕事の方向性で上司と合わずに退職していく人もいます。

まあ、上司と合わないと感じるのは会社員なら珍しい話ではありませんが、日系企業と違って外資系企業の場合にはジョブローテーションがあまりありません。

その結果、仮に配属された部署の上司と合わなかった場合、他の部署への異動を実現させるには異動希望先のポジションとスキルがマッチしており、かつそのポジションで人員を募集している必要があるので結構ハードルが高いことを覚悟しておきましょう。

日本法人の権限が小さく裁量がない

日本法人の権限の大きさに不満を感じて退職していく人もいます。

外資系企業の場合には本社は海外にあり、重要な意思決定を日本法人内で行えないことも多いです。

ユニリーバの場合にはあまりこの理由で退職していく人は多くない印象ですが、それでもゼロではありません。

日本で意思決定をできる会社が良いという人は外資系企業ではなく日系企業を選んだほうが賢明です。

方針がよく変わるため不安

どのプロダクトを注力するのかなど、経営方針が頻繁に変わることが不満・不安に繋がり退職する人もいます。

営業にせよマーケティング職の人にせよ、担当プロダクトが非注力になってしまうと使える予算が減らされたり、人員削減の煽りでリストラされるリスクも出てくるからです。

本国や日本法人の役員が交代するタイミングでは特に経営方針が変わりやすいので注意が必要です。

業務が細分化されていたため

業務が細分化されていることに不満を感じて退職していく人もいます。

基本的には組織が大きくなればなるほど一人当たりが担当する業務範囲は狭くなります。

ユニリーバは大企業ですので、かなり業務範囲が細分化されていると考えて良いでしょう。

狭く深く専門性を身につけたい人にはマッチしていますが、広く経験を積んでいきたい人にとってはミスマッチかもしれません。

仕事にやりがいを感じられず

漠然と仕事内容にやりがいを感じられずに退職していく人もいます。

ユニリーバでは長く勤める人も多くいます。

そうなると同じような仕事内容に飽きてしまうケースもありますし、転職できる年齢のうちに外の会社も見てみたいと考えて退職していく人いるようです。

ユニリーバ・ジャパン・サービスへの転職は失敗なのか?

ユニリーバ・ジャパン・サービスへの転職についてですが、同社に入社した人で「転職して後悔した」と言っている人はあまりいない印象です。

きちんと選考で合わない人が落とされているのか、だれにとっても働きやすい環境であるのかは分かりませんが、何れにせよ同社に転職した後でそれが失敗だったと感じられるリスクは少ないように思います。

今回ご紹介したような退職理由を踏まえて、それでもチャレンジしたいと思える方はぜひ選考を受けてみてください。

ユニリーバ・ジャパン・サービスへ転職する方法

ユニリーバ・ジャパン・サービスに転職するならホームページからの自己応募と転職エージェント経由で応募する方法とがあります。

自己応募の方が手軽ではあるものの、書類の修正や面接対策をしてくれるという意味ではエージェントを使った方が合格率は高まります。

また、ホームページでは募集していない場合でもエージェント経由では応募できることもありますので、複数のエージェントに登録しておくのが望ましいです。

ユニリーバ・ジャパン・サービスのような外資系企業への転職支援に強いエージェントはこちらの記事で紹介しているので参考にしてみてください。⇨外資系企業に転職したい人にオススメの転職エージェント3選

失敗しない転職エージェントの選び方をいますぐチェック!