外資系企業

Strategy&(旧ブーズアンドカンパニー)への転職は失敗?主な退職理由と転職する方法を紹介

この記事ではストラテジーアンド(旧ブーズアンドカンパニー)で働く人がどんな理由で同社を退職していくのかについて解説します。

Strategy&は外資系コンサルティングファームの大手であり転職先としても人気が高いですが、リサーチ不足のまま入社してしまうと「転職して失敗だった」となりかねません。

きちんとどんな理由で辞めていくのかを理解した上で、「この理由なら大丈夫そうだ」とか「この点は覚悟して飛び込もう」といったように考えを整理するのにお役立てください。

ただし、企業の状況はどんどん変わっていく他、同じ環境でも人によって感じ方は違うのであくまで参考程度に留めておくのが良いと思います。

退職理由の例

リストラ

ブーズアンドカンパニーの時にはリストラで退職した人も割といました。

特にリーマンショックの際には業績が悪化したことで多くの人が同社をレイオフされたのです。

ストラテジー&になってからどれくらい人を切っているのかは分かりませんが、外資の戦略系ファームではパフォーマンスが芳しくないとリストラされるリスクはあるので覚悟しておいた方が良いでしょう。

事業会社へのキャリアチェンジ

退職理由で一番多いのは事業会社へのキャリアチェンジ目的です。

他のコンサルティングファームで働く人も同様ですが、コンサルという立場は提案したらそれで終わり。最終的な意思決定や実行は事業会社側に委ねられています。

そうした立場にもどかしさを感じて、クライアントサイドに転職するというのがStrategy&後のキャリアとして最も多い形と言えます。

知人から誘われたため

大きな不満がなくとも退職することはあります。

それが知人や友人から「ウチにこないか?」と誘われるケース。

元々「いずれは事業会社側に行きたい」という希望を持っている人も多いので、そうした事業会社で働く人から声がかかったことを機に転職していく人は珍しくありません。

Strategy&への転職は失敗なのか?

ストラテジーアンドのような戦略系のコンサルファームに転職することはキャリアアップにつながるケースが多いです。

ただし、働き方はハードなのでワークライフバランスを犠牲にする覚悟は必要でしょう。

小さな子供がいたり両親の介護が必要な人など、プライベートの方に時間をある程度割く必要がある人にとっては働きづらいと感じられるかもしれません。

今回ご紹介したような退職理由も踏まえ、それでもチャレンジしたいと思えるようであれば転職してもきっと後悔はしないはずです。

Strategy&へ転職する方法

ストラテジーアンドに転職するにはホームページから自己応募するか転職エージェントから応募するという方法があります。

自己応募の方が手間はかかりませんが、エージェント経由の方が書類選考や面接の対策をしてくれる分だけ通過率は上がるのでオススメです。

コンサルへの転職という点ではアクシスコンサルティングというエージェントが実績豊富で業界内では有名なので一度相談してみると良いですよ。⇨新規会員登録(無料)はこちら【アクシスコンサルティング】

また、外資系企業への転職支援に強いエージェントはこちらの記事で紹介しているので参考にしてみてください。⇨外資系企業に転職したい人にオススメの転職エージェント3選

外資転職の成功率を飛躍的に高めたいなら