外資系企業

ロレアルへの転職は失敗?よくある転退職理由を解説

日本ロレアル株式会社で働く人がどんな理由で転職や退職していくのか、転職エージェントの立場で見えることを中心に解説していきます。

ロレアルの離職率は高め

日本ロレアルは外資系企業ということもあってか離職率は割と高めな印象です。

正確な数値は分かりませんが、おそらく離職率は10%以上あるのではないでしょうか。

離職率が高い職場であることが原因で退職する人もいたりしますし、定年まで何十年も働く前提で入社すると環境とギャップがあるかもしれません。

主な退職理由

残業が多い(ワークライフバランスを改善したい)

日本ロレアルを退職したいと考える理由でよくあるのが「忙しすぎるから」というもの。

離職率が高い職場ではありがちですが、人が抜けるとその分の業務が他の人に回されます。

採用がスムーズに行った場合でも、新人に引継ぎが完了するまでは忙しいままですし、そもそも採用はそんなにすぐにはできません。

当然部署によってとか担当者によって業務量の多さは違うはずなので一概には言えませんが、ハードワークでも問題ない!という方じゃないとミスマッチだと感じるリスクはあると思います。

日本法人の裁量が狭くやりづらい

大手の外資系企業ではよくある話ですが、海外拠点からの指示に従う必要があったり、日本法人内で完結できる業務が少ないといった状況がやりづらいと感じて退職していく人もいます。

ロレアルの場合、本国はフランスですが、アジアの中を見ても一部の機能は中国に集約しています。

つまり、日本法人の立ち位置がそんなに強くないわけですね。

フランス本国から人材が派遣されて日本法人の幹部のポジションに就く慣例があることからも同じことが言えます。

日系企業が海外駐在員を派遣する理由は本社のやり方を現地に浸透させるため、というのが主目的であり、逆に外資系企業も本国から日本に人材を送り込むことで日本法人に好き勝手やらせないように目を光らせているということです。

担当できる製品が狭い

これは主にマーケティングの人がよく言うことですが、ロレアル内で担当できる製品が少ないという理由で転職する人もいます。

まあ、外資系のマーケティングはそんなものだとは思いますが、自身の成長を考えると担当カテゴリーを増やすことでキャリアの幅を広げていきたいと考えるようになる人は多いです。

離職率が高く安定して働けるイメージが持てない

離職率が高い、という状況自体が転職理由になる人もいます。

周りが辞めていくので不安に感じる、というものです。

リストラされた(レイオフ)

リストラされたという人もいます。

日本ロレアルは外資系企業ということもありリストラもします。

ロレアルの場合には契約社員も多く働いているので、業績が悪化するなどして人員を削減する必要が出てきた場合にはまず契約社員から切られていくことになりますが正社員であっても対象になるリスクは当然存在します。

ロレアルに転職する方法

ここまでロレアルで働く人がどんな理由で転職や退職をするのかについて、転職エージェントの立場で知れる情報をもとにご紹介してきました。

実際に働いている人がどう思っているのか?を知りたいという人は、口コミサイトの転職会議に登録すれば無料で口コミを見ることができるので使ってみてください。

公式HPから転職会議に無料登録する

また、ロレアルへの転職や他の外資系企業への転職を考えている方はビズリーチみたいな転職サイトに登録するよりも初めから外資転職に強いエージェントに登録したほうが手っ取り早いです。(転職サイトは基本的には自分に合ったエージェントを探す場ですし、外資系企業のリクルーターはあんまりビズリーチを使っていないのでダイレクトスカウトも期待薄なので)

外資転職にオススメのエージェントはこちらの記事で紹介しているので参考にしてみてください。⇨外資系企業に転職したい人にオススメの転職エージェント3選

外資転職の成功率を飛躍的に高めたいなら