転職活動

転職したいけどスキル不足を感じている人がすべきこと

スキル不足を感じる女性
この記事はこんな人向け

・転職したいけど自分には仕事のスキルが不足していると思う。どうすれば良い?

こんな疑問やお悩みにお答えしていきます。

スキルがある人ほど有利な条件で転職できるのが転職市場の常識です。

しかし、スキルがないからといって転職できないわけではありません。

スキルに不足感を感じている人はスキルを身につけるために転職するという方法もあります。

転職を有利にするためにスキルを身につける方法と、スキルを身につけるために転職する選択肢について詳しく解説していきますので、ご自身のキャリア形成の参考にしてみてください。

スキル不足がキャリア構築で不利になる理由

スキルが高い人材のイメージ

仕事で活かせるスキルを持っていなければ、思い通りにキャリアを作っていくことはできません。

なぜかというとキャリアは需要と供給が両立して初めて成立するものだからです。

自分がやりたいと思っている仕事があったとしても、自分を必要としてくれる企業がなければそのキャリアが実現することはありません。(自分で起業すれば別ですが)

転職市場は誰にでも平等に開かれてはいません。

その中で選ばれるためには、企業から求められるスキルを身につけるしかありません。

しかも、それには時間的な制約も付きまとうことになることを意識できている人は多くありません。

スキルを身につけることは年齢にかかわらずできます。

80歳になってからYoutuberになったおじいちゃんやおばあちゃんがいるように、新しいチャレンジをすれば新しいスキルを身につけることができますし、そこに年齢は本来関係ありません。

しかし、転職市場に限定した場合には年齢は非常に重要な意味を持ちます。

例えば、25歳と40歳の人が同じ求人に応募したとします。

二人とも同じレベルのスキルを持ち、それが求人の応募要件を満たしていた場合、採用されるのは25歳の方です。

企業からすれば年齢を重ねた人材は若い人材に比べて定年までに働ける期間が短いことや、年齢を重ねたことで柔軟性が失われていると考えるためです。

なので、同じスキルを持っている場合、若い人の方が圧倒的に有利になります。

これが、スキルの習得に時間制限があるという理由です。

・スキルがある人材だけが希望するキャリアを歩める

・なぜなら転職市場は平等ではないから

・自分がやりたい仕事ができるのではなく自分が必要とされる仕事しかできない

・スキルを身につけるのは歳を取ってからでもできるが、早ければ早い方が良い

・転職市場では年齢とスキルがセットで評価されるシビアな世界

スキル不足を抜け出す方法は2つ

スキル不足から抜け出すために取るべき選択肢は2つあります。

一つ目が将来の転職のためにスキルを身につけておくこと、二つ目がスキルを身につけるために転職することです。

詳しく解説していきます。

転職を有利にするスキルを身につける

スキルが足りていないと感じるのであれば、転職前にスキルを身につけるのも良いでしょう。

転職前にスキルを身につける場合、スキルを身につける場所は仕事と仕事外とに分けて考えることがオススメです。

スキルを身につける方法

基本的に転職に活かせるスキルというのは、実務経験の中で培ったものの方が影響度が高いため、できれば今の職場で身につけられるのが理想です。

今の職場でスキルを身につけましょうと言うと、「今の仕事で学ぶことはもうない」と感じる人も多いのですが、それは誤解です。

今と全く同じ仕事を同じスタンスでしていたのでは確かにスキルは今以上身につけることはできないでしょう。

でも、仮に今営業の一人として働いているのであれば、営業課長になったつもりで、そのとき自分なら今の組織をどう変えるか、どんな営業戦略でいくか、どうやってメンバーのマネジメントをするかなどを考えながら仕事をしてみるわけです。

同じ仕事でも視野が変わればスキルは上げることができます。

また、同じ職場でも別の仕事に携わってみるというのも極めて有効です。

例えば、営業の仕事をしているのならマーケティング部門の仕事を無償で手伝わせてもらう、といったことです。

正式な人事異動となるとそれまでの経験や実績などの問題で希望が叶わないケースも多いですが、自分が関わりたい仕事を非公式に手伝わせてもらうくらいならそれほど難しくはありません。

未経験の職種へのキャリアチェンジを考えている場合にはこうした社内で経験を積む機会は逃さず掴みたいところです。

もし今の職場でどうしてもスキルを身につけられない場合には社外で身につけるしかありません。

社外で独学でスキルを身につける場合にもできれば実践的な場であることが望ましいです。

例えば、英語力を身につけたいと考えるのであれば外国人向けの観光案内のボランティアでもやって実際に日本語を話せない人と英語を使ってコミュニケーションを図る経験を積むことが大事です。

転職市場では資格だけ取っている人は評価されにくい傾向があります。

例えTOEICで800点とっていたとしても、実際に仕事で英語を使っていない人材は評価されません。

これは他の資格にも同じことが言えます。

その点ではプログラミングスキルなども社外で勉強する際には注意が必要です。

プログラミングのスキルは需要が高いので、しっかり身につけることができれば仕事に困ることはそれほどないでしょう。

しかし、未経験の状態から仕事になるまでプログラミングのスキルを身につけようとすると仕事と並行しながらでは数年くらいかかってしまいます。

かと言って、仕事をやめてプログラミングスクールに通うのはあまりにもリスクが高いです。

できれば仕事と並行して学びながら、副業案件で実績を積んで実際に転職するという流れが良いでしょう。

ただ、それならば先ほど例にあげた英語の方が必要な勉強時間に対して投資効率は格段に良いです。

スキルアップに英語力がオススメの理由

英語の場合だと、これまでやってきた仕事に英語というスキルがプラスできるので、プログラミングに比べるとゼロから仕事を覚える必要がないからです。

例えば、営業経験がある人が英語を身につけると海外営業というポジションにキャリアチェンジすることができますし、経理の人が英語力を身につければ外資系企業の経理や海外拠点を持つ大手日系企業の海外統括関連の求人で転職することができるでしょう。

英語力は他の仕事との相性がとても良いので、プログラミングに比べると万人にオススメできるスキルです。

・スキルは仕事で身につけるのがベスト

・タダ働きになっても他の仕事を手伝ってみよう

・仕事以外でも身につけられるものはある

・有効なのは英語

・プログラミングスキルも需要は高いが仕事にできるまで時間がかかることを覚悟しよう

スキルを高めるために転職する

続いてがスキルを高めるために転職するという選択肢について。

今の職場がスキルを身につける上で不適切だと感じたら、成長できる環境に身を移すことも重要です。

ただ、ここで気をつけなければならない点があります。

それがなんとなくでベンチャー企業に転職することです。

自分の身につけたいスキルとその会社で身につくものが合致している場合には全く問題ないのですが、「ベンチャーは成長できそう」という曖昧な理由で転職してしまうと失敗します。

ベンチャーの場合には幅広く仕事を経験できる反面、一つの業務の専門性を深めていくのには向いていない場合も多いです。

転職で失敗しないためには、自分が身につけたいスキルを具体的にイメージすることから始めるのが大事で、それが実現できる環境を選んでいくという順番を守るようにしましょう。

例えば、将来会社員として年収を上げていきたい!という希望があり、その実現に向けてスキルを身につけたいと思っているとします。

その場合、意識すべき点としてはどんなスキルに①需要が多いか、②供給が少ないか、③そのスキルによって生み出される付加価値が大きいか、の3点です。

年収が上がるスキルのイメージ

需要がなければ転職できませんし、需要があってもそのスキルを持った人材がたくさんいるのであればそれほど年収は上がっていきません。

また、見落としがちなのがそのスキルによって生み出せる付加価値の大きさです。

例えば、会社のデスクをきれいに掃除するスキルはあれば重宝するかもしれませんが、それで会社の業績を左右することはありません。(もしかするおt間接的には影響するかもしれませんが。。)

それは、デスクの掃除スキルが生み出す付加価値が小さいからです。

一方、例えば営業のスキルがあれば会社の売り上げ成長に直接的に貢献できますし、これに英語のスキルまであれば海外のお客さんまで対象に売上を伸ばすことができます。

これはスキルの付加価値が高い状態ということができます。

年収を上げたいのなら、そのスキルが生み出せる付加価値が大きい仕事の方が年収は簡単に上がりますので意識しておくと良いです。

・スキルの身につかない環境は一刻も早く抜け出すことが大事

・スキルを身につけるために転職するという考え方もあり

・成長企業だから自分が成長できるわけではない

・身につけたいスキルを具体的にイメージして転職先を探すこと

・市場価値は需要と供給と生み出せる付加価値の大きさで決まる

まずは目指すキャリアと足りないスキルを明確にすること

キャリアアップとスキルアップは切っても切れない関係にあります。

目指すキャリアが明確にあるのなら、そのキャリアゴールから逆算して身につけるべきスキルを確実に身につけていくようにしましょう。

一方、もしキャリアのイメージが持てていない人は、今の自分にどんなキャリアの選択肢があるのか、あるいはどんなスキルを身につければどんな選択肢が増えるのか、といった情報を集めることから始めてみると良いです。

そして、キャリアの選択肢を知りたい場合には転職エージェントに相談して、求人を紹介してもらうのが一番です。

求人情報を知りたいだけなら転職サイトに登録しておくだけでもOKですが、その場合、自分のキャリアの相談相手がいないため、そもそも自分の希望が実現可能なのかがわかりません。

転職エージェントにも担当者によって当たり外れはあるものの、世の中にはたくさんのエージェントがいるので自分にあった人に出会うまで複数の人に相談してみると良いでしょう。

・希望のキャリアイメージが固まっている人はゴールまでのマイルストーンを設定する

・キャリアのイメージが固まっていない人は現実的に目指せるキャリアの選択肢を知る

・まずは転職エージェントに登録して求人を紹介してもらう

失敗しない転職エージェントの選び方をいますぐチェック!