転職エージェント

リクルートエージェントに利用登録した感想【体験談】

転職エージェント(人材紹介会社)で国内最大手のリクルートエージェントを実際に利用してみたので、登録して感じたメリットや気になった点などをご紹介していきます。

リクルートエージェントに無料登録する

良い点

登録から面談までがスムーズ

他のエージェントと比べて個人的にかなり楽だったのが登録から面談までのスムーズさでした。

転職エージェントから求人を紹介してもらうには初めにエージェントと面談をする必要があります。

一般的なエージェントでは、ホームページで登録フォームから個人情報を入力して登録を済ませた後にエージェント側から電話やメールで面談調整の連絡がきます。

なので面談日程が確定するまでには多少時間がかかったりメールへの返信や電話対応の手間が発生するわけです。

これは仕事をしながら転職活動をしていると地味に面倒だったりするのですが、リクルートエージェントの場合には登録時に面談担当者の空いているスケジュールが表示され、そこから自分で都合の良い日時を抑えることができます。

つまり、登録完了と同時に面談予約まで完了してしまうのでこれはありがたいなと感心しました。

自分で求人を探せる

リクルートエージェントが他のエージェントと違う点の一つが、求人を自分で探すという点です。

一般的なエージェントであれば最初の面談時に伝えた希望条件や、職務経歴などをもとに条件に合致した求人をエージェント側が探して紹介してくれます。

一方、リクルートエージェントの場合には自分のページにログインした後に自分でそこから条件を絞って求人を探して応募することができるのです。

これは「いろんな求人を見たい」とか「自分の希望に合わない求人ばかり紹介されて困っている」という人には大きなメリットがある仕組みと言えます。

リクルートエージェントに無料登録する

求人の数がものすごく多い

リクルートエージェントは日本で最大手の転職エージェントということもあり、取り扱っている求人数は他のエージェントに比べて圧倒的に多いという点も魅力です。

自分で求人を検索してみると分かりますが、年収や業界などである程度条件を絞っても見切れないほど多くの求人がデータベースに存在します。

中小のエージェントだと限られた求人の中から選ばなければなりませんし、本当ならもっと自分の希望にフィットする求人が転職マーケットにあるかもしれない中で取りこぼすリスクも高いですが、その点リクルートエージェントは豊富な求人があるので安心です。

企業からもスカウトをもらえる

リクルートエージェントの特徴として、企業からもスカウトをもらえるという点が挙げられます。

企業からスカウトをもらえることで自分では探せていなかった求人や積極的には応募を検討していなかった企業に注目するきっかけになりますし、自分が企業から求められていると感じられるのは素直に嬉しいです。

といっても企業からのスカウトをもらえる件数自体はビズリーチの方が多いので、企業からのダイレクトスカウトを重視する人はビズリーチにも登録しておくのがお勧めです。

関連記事:【体験談】ビズリーチを一年間登録したら424件のスカウトをもらえた!

合格の可能性が高い求人がわかる

リクルートエージェントのアカウント上で自分で探して興味を持った求人については、いきなり応募しても良いですし、少し検討したい場合にいは「気になる」というボタンを押しておけば後から一覧でそれらの求人のみをみることができる機能があります。

そしてここからがポイントなのですが、「気になる」を押した求人の中で書類選考通過率が高いと判断される場合にはリクルートエージェントや募集企業側から「ぜひ応募してください」というメッセージが来ることがあるのです。

これは、「気になる」を押した求職者の情報をリクルートエージェントの企業担当者や、採用企業のリクルーターがチェックしているからです。

闇雲に応募していくのもダメではありませんが、より合格率の高い求人にピンポイントで応募していきたいという人は、とりあえず興味を持った求人に「気になる」を押しておくことをお勧めします。

リクナビネクストも併用できる

よく勘違いされがちなのですが、転職エージェントというサービスと求人広告というサービスは全くの別物です。

リクルートで言えば「リクルートエージェント(=転職エージェント)」と「リクナビネクスト(=求人広告)」とはそれぞれ別のサービスなのですが、リクルートエージェントの登録時にリクナビネクストへの登録も同時に行うことができます。

なので、少しでも多くの求人をチェックしたいという人は登録時にリクナビネクストの利用も許可するようにしておきましょう。

アプリもあるためスマホでも転職活動がしやすい

スマホ用にリクルートエージェントのアプリもあるので、それをダウンロードしておけばパソコンがなくとも求人検索や進捗管理がしやすくて便利です。

特に求人検索面ではPCより優れている面もあり、例えば「アマゾンジャパン」という社名で求人を検索する

リクルートエージェントに無料登録する

悪い点

希望する条件によっては求人を探しにくい

リクルートエージェントの特徴として自分で求人を探す機能があることは既にお伝えしました。

しかし、リクルートエージェントの場合には保有する求人数が多いことから逆に希望する求人を見つけにくいという事態も起こり得ます。

例えば私の例で言えば、外資系企業で探したいと思っても求人の絞り込み条件で「外資系」というフィルターがないのでフリーワードで「外資系」などと入れて探すしかありません。(そうすると外資系企業をクライアントに持つ日系企業なども出てくるので探す効率は高くない)

人によっては大企業に絞って探したいという人もいるでしょうが、「従業員数」や「上場/非上場」という検索軸もないのでこの場合もフリーワードで「大企業」とか「東証1部上場」などと入力して探す必要があります。

このように求人の検索機能がそこまで充実していない点は少し残念に感じました。

取扱のない企業や求人もある

いくらリクルートエージェントが最大手だからといって、全ての企業の求人を持っているわけではありませんし、同じ企業でも特定のエージェントにしか依頼しない求人もあるのでどうしても求人の取りこぼしは発生します。

可能性を広げたい人は他にもいくつかのエージェントに登録しておいた方が良いです。

まとめ

求人検索の利便性や求人の網羅性で多少の改善点はあるかもしれませんが、個人的には転職を考えている人であれば使わない理由がないほど良いサービスだと感じました。

どれか一つだけエージェントを選ぶならリクルートエージェント一択でしょう。

リクルートエージェントに無料登録する

失敗しない転職エージェントの選び方をいますぐチェック!