海外勤務

海外で働くメリットを「経験・市場価値・働き方・人脈」の4つで解説

海外で働くメリットを解説します
本記事が解決する疑問や悩み

海外で働くメリットってどんなものがあるの?

海外勤務に興味あるけどチャレンジするのが不安

海外勤務にチャレンジしたいけど踏み出せない方のために、海外で働くメリットを解説していきます。

私は転職エージェントで働く中で海外で働いた経験を持つ人1000人以上とお話ししてきました。

その経験から言えば、海外で働くことには大きく以下の4つのメリットがあります。

主な海外勤務のメリット

・日本では積めない貴重な経験ができる

・将来転職する際の市場価値を高めることができる

・日本よりも自由な働き方をすることができる

・公私に渡って仲良くできる人脈が広がる

これらのメリットについて具体的に解説していきます。

日本では積めない貴重な経験ができる

海外で働くと、日本では出来ないような貴重な経験をすることができるというメリットがあります。

具体的には以下のような経験を積めます。

海外の人と一緒に働く経験

海外ではたくさんの現地スタッフと一緒に働くことになります。

育った環境や文化が異なる人たちと働く経験はなかなか日本ではすることができません。

最近では日本でも外国人を採用する企業が増えてきていますが、それはあくまでも日本のことが好きで、日本語を勉強するなどして来日している外国の方です。

来日している外国人は比較的日本人的な感覚を身につけている場合も多い

しかし、自分が海外に行く場合には日本語ができない人が圧倒的多数の環境の中、自分がマイノリティとして働くという経験をすることができます。

異なる価値観の人たちと働く経験はビジネスパーソンとしてのスキルアップにも、人生経験を彩る経験としても貴重な機会となります。

休日に周辺の国に旅行に行く経験

海外で働いていると、多くの場合には周辺の国への旅行が日本に比べて気軽にいけます。

日本は海に囲まれていますので、他の国に行こうとすると移動も大変ですしお金もかかりますが、アジアにせよヨーロッパにせよ他の国に陸路で簡単に行くことができます。

アセアン地域の地図。タイで東京から福岡くらいの距離を移動すれば複数の国へ行く事ができる。
国同士が陸続きなので気軽に他の国へ旅行できる

なので海外で働く人は立地を活かしていろんな国へ行くことができます。

海外旅行が好きな人にはたまらない環境ですね。

まだ市場ができていない中で一緒に創り上げていく経験

多くの国では日本よりも市場ができていないので、一緒に創り上げて行く面白さがあります。

例えば、そのビジネスに関する規制や補助のルールが整備されていなかったり、経済が発展途中なので高級品を買う人がまだ少ないなど、日本の常識でビジネスができません。

現地に合わせた商品開発をする必要があったり、ルールがない中で現地独自の商習慣を作り上げたりする経験は日本ではなかなかできないことです。

市場価値が高まり将来転職で困らなくなる

海外で働くことは市場価値を高めてくれるので、将来転職しようと思った時にもメリットがあります。

具体的には以下のような経験やスキルが身につくことによって、転職市場での評価が上がることになります。

英語力が身につく

海外で働くと、国を問わず英語力を身につけることができます。

日系企業の海外拠点で働こうが、現地スタッフとのコミュニケーションは英語です。

それはタイだろうがインドネシアだろうが、フランスだろうが同じことで、基本的にビジネスの世界では英語が使われています。

日本人同士は日本語で話すものの基本的には社内でも英語が使われる

日本の企業は海外事業の強化に伴い、これまでにないほど強く英語力を持った人材を欲しがっています。

しかし、日本にいる人材だとTOEICのスコアは持っていても実務で使ったことのない人が多いので、即戦力としては評価されにくい現状があるんです。

TOEICで高い点を取ることと実際に使える能力があることは別だと企業も分かっているからです。

TOEIC900点で話せない人よりも、TOEIC600点で文法は間違いながらも話せるスキルが高い人の方が企業から評価される

なので、海外で実際に英語を使って働いた経験があるとTOEICのスコア以上に評価されます。

英語力を身につけるメリットは以下の記事でも紹介しています。

英語の勉強は最高の自己投資
年収上げるなら英語のスキルアップがオススメの理由【3ヶ月で年収が1.2倍に!?】 本記事が解決する疑問や悩み 何か資格でも取りたいけど取得に何年もかかるのは面倒だな〜。 全然給料上がらないけど手っ取り早く年収を...

現地の言葉が身につく

もし非英語圏で働くなら、英語だけでなく現地語も習得することができます。

例えばタイならタイ語、フランスならフランス語、メキシコならスペイン語といった言葉です。

企業からすれば、英語ができる人材を見つけるよりもそれ以外の言語を話せる人材を見つける方が難易度が高くなります。

英語以外の言語力を求める企業は年々増加している

企業にとって、現地の言葉が話せる人材がいるとローカル企業との付き合いを増やすことにつながるため非常に重宝されるんです。

日本の多くの中小企業に英語が話せる人材がいないように、タイに英語が話せる人材を抱えた中小企業は非常に限られます。

しかし、企業がタイでのビジネスを伸ばそうと思ったらそうした中小企業との取引も増やしていかざるを得ません。

なので現地の公用語にあたる言語を話せるようになることは転職市場での価値を高めることになるのです。

英語以外の言語を学ぶメリットは以下の記事で詳しく解説しています。

グローバルな環境で働く人々
海外転職は何語が有利?フランス語や中国語など英語以外の外国語も学ぶべき理由 本記事の対象者 海外で働いてみたいけど何語を勉強すればいいの? 英語以外の言葉って勉強して役に立つの? 本記事の内容 英...

海外の商習慣に詳しくなる

海外というか現地での商習慣に強くなるのも転職市場で評価される要素になります。

例えば同じジェスチャーでも国によって意味が異なるように、現地で受け入れられる言動やそうでないことは日本の常識と全く異なります。

例えば、日本で商談終わりに「検討してご連絡します。」と言われた場合には「ああ、ダメそうだな。」って感じですが、外国人からすれば「本当に前向きに検討してくれるんだ」と捉えてしまうこともあります。

ビジネスは論理だけでは動かない。現地の事情に合わせた言動が求められる。

また、宗教上配慮しなくてはいけないことなど、日本にいては分からない些細なことでも現地の特徴を掴んでいる人材がいると企業にとって心強い存在となります。

メンタルが鍛えられる

海外で働くと日本との常識の違いに戸惑いますが、そうした違う環境で働くことを通じて多少のことでは動じない精神を手に入れることができます。

そうした事件に遭遇するたびに少しずつメンタルを鍛えられることでしょう。

メンタルが鍛えられる出来事例

従業員が何の連絡もなくいきなり会社に来なくなる

仕事の納期を守る意識がない

警察から賄賂を要求される

幅広い仕事を経験できる

海外では現地法人を立ち上げてからまだ規模が十分に大きくなっていない企業も多くあります。

そうした企業で働くと、複数の仕事を任されることもあるので、幅広い経験を積むことができるのです。

色々経験したい人は組織がまだ小さいうちに入るのが良い

まだ十分に利益が出ていない状況だと余計な人員を採用している余裕はないので、基本的に少数精鋭で頑張ることになり、その分いろんなチャレンジができるチャンスも多いと言えます。

日本よりも自由に働くことができる

海外で働くメリットとして、日本にいる時よりも働き方が自由になる点は見過ごせません。

具体的には以下のような点で自由度が高いことが多いです。

社内ルールが少ない

日本はコンプライアンス意識が高く、細かいルールがものすごくたくさんあります。

海外勤務から日本に戻ってきた人が感じる日本の嫌な点がここで、息苦しいくらいにルールで縛られます。

長く海外にいる人ほど日本に戻ったときにギャップを感じて働きにくさを感じる

海外だとそうしたルールが少ないので、「これをやっちゃダメ」とか「これはこういうやり方でやらないとダメ」といった縛りがありません。

残業をしなくて良い

日本でも働き方改革が進みつつありますが、海外だとそんな改革が必要ないくらい残業しません。

欧米だと「残業は仕事ができない人の証」として業務時間内に終わらせるべく集中して仕事をするため残業をしませんし、アジアだとそもそも納期を守る気がないので残業をしません。笑

公私共に充実させたいという人は海外の方が伸び伸びと生活できると思います。

ちゃんと仕事をしなくても良いというわけではありませんよ!

有給休暇を全部消化できる

残業しない点に加えて、有給は全て消化することができる点もメリットでしょう。

ちなみに、国によっては「傷病休暇」というものがあり、本来は病気や怪我をした際に休暇を取る権利なのですが、現地の人は病気や怪我をしてなくても上限日数まで休みます。笑

まあ流石に日本人でそこまでやっている人は少ないと思いますけどね。

「お前このあいだ病気とか言って休んでたけどFacebookで遊んでるのみたからな?笑」的なことも

意思決定までが早い

海外の拠点では意思決定にかかる時間が短いです。

その理由は、日本のように会議ばかりで物事を決めないとあっという間に競合他社に置いていかれるというビジネス環境の違いや、拠点規模が小さいことが多いので、意思決定プロセスが簡潔であるという点が挙げられます。

せっかく色々と提案してもそれが実現するまでに時間がかかったり、そもそも許可が下りないとモチベーションが下がりますし、主体的にスピード感をもって働きたい人にはオススメです。

イメージはベンチャー企業

世界に人脈を広げることができる

人脈を世界に広げることができるのも魅力の一つです。

海外で培った人脈は仕事でもプライベートでも役に立つことでしょう。

仕事で成果を出しやすくなる

海外では(日本でもそうかもしれませんが)、製品の性能やプレゼンテーションの素晴らしさよりも人間関係を重視して取引が決まることが多くあります。

なので、現地で深いネットワークを築くことが出来れば、それは仕事で成果を出す上で非常に有利になるのです。

海外事業はかなり人脈で回ります

プライベートを充実させることができる

人脈というとビジネス上の付き合いに聞こえがちですが、プライベートでも交流を持てる友人を作ることが出来ればさらに人生を豊かにすることができるでしょう。

海外で働いていた私の知人はみんな日本に戻ってきてからも海外で仲良くなった人との交流を続けており、心から人生を楽しんでいる人ばかりですね。

海外に友人ができると、その国に再び行くきっかけにもなりますしね。

「イタリア人の友達がさー。」とか言ってみたい

海外勤務のデメリットは?

海外勤務のデメリットは海外での生活が長くなりすぎると日本での転職活動に不利になるリスクがあることなどがあります。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

街の風景
海外勤務経験は転職で有利?不利になるケースとは? 本記事が解決する疑問や悩み 海外で長く働いたり生活した後の転職活動って日本の企業からどう思われるんだろう? 海外で経験を積んだ方...

海外で働くためにすべきことは?

海外で働くためすべきことは、海外転職のポイントを抑える事が重要です。

転職活動の進め方を知りたい人は以下の記事を参考にしてみてください。

海外転職を実現した自分
スキルゼロの未経験から6ヶ月で海外転職を実現する為にやるべき事と流れ 本記事が解決する疑問や悩み スキルゼロから海外転職実現までにかかる期間が分かります スキルが無い状態から海外転職を実現するために...

全体の流れがわかったら実際に転職活動を始めましょう。

転職活動の最初は転職エージェントに登録することから始まります。

海外勤務求人は大手のエージェントに集まりますので、まずは数社に登録して求人をチェックしてみましょう。

オススメの大手エージェントは以下の記事で紹介しています。

お勧めの転職エージェント
誰にでもオススメできる転職エージェント4社を厳選 本記事で解決する疑問や悩み ・転職エージェントがたくさんありすぎて、どこに登録したら良いかわからない こんな疑問を解消します。...

もし英語力が身についていないという人はこちらの記事を参考にしながら英語力を身につけてください。

ライザップで英語を学ぶ少年
英語学習で挫折してきた人はもうコンサル型の勉強でしか身に付かない理由 本記事が解決する疑問や悩み これまで英語の学習で何度挫折したかわからない。次こそ本気で英語力を身につけたい。 本記事の内容 英...
海外転職の極意を無料で手に入れませんか?