英語学習

TOEIC600点の転職市場価値は?どんな求人やキャリアが選べるのか解説

TOEIC600点前後の人は英語力で言うとビジネスレベル一歩手前。

メールの読み書きならgoogle翻訳を使いながらこなせるものの、会話を求められると厳しいという人が多いレベル。

転職活動で言えば、外資系企業でバリバリ英語力を必要とするポジションで内定をもらうことは難しいですが、日系企業で海外の取引先とメール連絡が発生するような求人であれば可能性が出てきます。

詳しく解説していきます。

TOEIC600点の英語力は脱初級レベル

TOEIC600点というスコアはTOEIC受験者の中で上位57%。言い方を変えると100人中57位ということになります。

それだけ聞くと「半分以下か〜」と落ち込んでしまいそうな気もしますが、日本人全体の英語力を考えればむしろ上位に入るレベルです。

そもそも英語が全くできない人はTOEICをわざわざ受けようとは思いませんしね。

TOEICの点数別の分布
(※グラフはTOEICの公式HPの第255回 受験者数26,515人のスコアデータを元に作成)

英語での読み書きが必要な求人に応募できる

TOEC600点であれば、おそらくある程度の文章なら英語でも読解できるでしょうし、相手が話していることもなんとなくわかるレベルかと思います。(私が600点くらいだったときは確かそんなレベル感だったと記憶しています。)

それを踏まえると、メールの読み書きがビジネスで発生する求人で内定をもらえる可能性が出てきます。

例えばイメージとしては海外の取引先とのメールのやりとりがある貿易関連のポジションなど。

メールであればGoogle翻訳なども使えば問題なく業務はこなせるはず。明らかに翻訳の精度が悪い場合に間違いに気付けるレベルですので、口頭でのやり取りに比べると難易度が低いのが特徴です。

一方、スピーキングが日常的に必要になるような環境で働くには英語力が足りないと企業からは評価されるため、電話や会議で英語を使う求人ではまだ合格するのは厳しいかもしれません。

なので、外資系企業のマーケティングや人事など親会社とのやりとりが頻繁に発生するようなポジションや、海外駐在のように英語でマネジメントしなければならないポジションにつくにはさらなるレベルアップが必要です。

関連記事:外資系企業で働くのに必要なTOEICの点数は800が目安である理由

英語力で市場価値を高めたいならレベルアップが必要

TOEIC600はまだまだ英語力として上げる余地のあるレベルです。

転職市場価値を上げたい場合にはより上を目指していきましょう。

伸ばしていって英語ネイティブの人とも流暢に話せる実力が身につけば、今後のキャリアアップがかなり有利になることは間違いありません。

TOEICの目安としては800点以上取れれば外資系企業や海外駐在のポジションでも内定の可能性がグッと高まります。

関連記事:独学でTOEIC400から810にスコアを上げた勉強方法と反省点

市場価値を高める英語力を身につけるには

転職市場で評価されるために重要なポイントは年齢とスキルのバランスです。

英語力を伸ばすことに時間をかけすぎると年齢を重ねてしまい転職活動時に選べる求人量や求人の質が大きく減ってしまうことになります。転職を有利にしたいならできるだけ早く理想の英語力を身につけることが重要です。詳しくはこちらの記事をどうぞ⇨英語力は短期間で伸ばすべき理由【市場価値と年齢の怖い話】

また、本質的なスキルを身につけることも同じくらい重要です。

TOEICの勉強をする人はついスコアを伸ばせば良いと考えがち。

でも、TOEICの勉強をしてスコアを伸ばすだけでは運用能力が身につかないことも珍しくありません。

「TOEIC800点取れたけど全然話せません。」というのでは評価されません。すでにTOEIC600点レベルの人が今後さらにレベルアップしていくためには、スコアだけでなく運用能力も同時に伸ばすことを意識してみてください。

詳しくはこちらの記事をどうぞ⇨転職エージェントで働く私が英語学習にプログリットをオススメする理由

失敗しない転職エージェントの選び方をいますぐチェック!