英語学習

英語力は短期間で伸ばすべき理由【市場価値と年齢の怖い話】

英語力は転職市場で高く評価されるスキルの一つです。

なので、数多くのビジネスパーソンが英語力を磨こうと日々勉強しているのですが、実は多くの人が間違っていることがあります。

それが英語力を伸ばすスピードにこだわっていないという点

転職市場ではスキルは常に年齢とセットで評価されます。

市場価値を上げるために英語力を勉強していたはずなのに、英語力を身につけるために何年もかけていたのでは逆効果。

転職市場で勝ち抜くための英語学習の考え方について紹介していきます。

市場価値を上げるならスキルアップは必須

市場価値を高めたいならスキルアップは必須です。

市場価値を高めるメリットとしては年収が上がる、職位が上がる、勤務地を選べる、などなど選択肢の幅が広がることが挙げられます。

スキルアップすることによって、転職市場での希少性と有用性を高めることができ、それが転職市場価値を高めていくことにつながります。

英語力はどの職種とも相性が良い万能スキル

数あるスキルの中でも転職市場で評価が高いのが英語力。

外資系企業はもちろんのこと、日系企業でも顧客や資材の調達先などが海外にいるケースは当たり前になっており、業務での英語力の重要性は年々高まってきています。

その反面、多くの日本人が英語を苦手としていることから、英語ができるだけで他の人材とは頭ひとつ抜けた評価を受けることができるわけです。

また、英語力の良い点は職種を選ばないこと。

例えば自動車部品メーカーで営業をしている人がインテリアコーディネーターの資格を取得しても仕事では活かせませんが、英語力を身につけることができれば海外営業のポジションに異動したり転職したりすることができるようになります。

経理の人であれば海外子会社の管理を任せてもらえるようになったり、法務であれば英文契約に関して仕事を任せてもらえるようになるでしょう。

基本的に英語力はどの職種の市場価値も引き上げてくれる効果があるので、誰にでもオススメできるスキルなんです。

ただ、英語力を伸ばすと言っても、TOEIC500点くらいでは市場価値は上がりません。できれば800点を目指しましょう。

関連記事:

TOEIC500点の転職市場価値とは?どんな求人やキャリアが選べるのか解説

海外駐在員に求められる英語力はどれくらい?【流暢じゃなくてOK】

外資系企業で働くのに必要なTOEICの点数は800が目安である理由

年齢と共に市場価値は下がっていく

英語力を伸ばしたいと考える人は多いのですが、意外と考えられていないのが習得までのスピード感。

趣味で勉強したいという人ならどれだけ時間をかけようが問題ありませんが、転職市場で有利になるためにスキルアップを目指す人は時間との勝負であることを忘れてはいけません。

企業が中途採用の募集をかける際に選考基準として設けるのは主にスキルと年齢の2点。

つまり、単にスキルがあるだけではダメで、必ず企業が求める年齢の範囲内に収まっていなければならないということです。

昔のように35歳までしか転職できない、という時代ではなくなりましたが、どの求人でも年齢制限をしている実態は今も変わっていません。(求人票の中では年齢不問と書いてますが99%は年齢制限しています。)

20代半ばくらいであればまだ余裕がありますが、20代後半から30代になってくると一気に選択肢(応募資格を満たす求人数)は減少していきます。

ある意味「若さ」は市場価値を高める要素であり、スキルアップのために若さを犠牲にしてだらだらと時間をかけるのは市場価値の点から見れば逆効果ということもできるのです。

英語力は短期間で一気に引き上げるのが重要

外資系企業に転職したい、海外で働いてみたいなど、将来のキャリアアップのために英語力を上げようと考えている人はできるだけ早期に必要な水準にまでレベルを引き上げることが夢を叶えるコツです。

自分で毎日30分勉強し続ける、という程度ではビジネスレベルにまで持っていくのに数年はかかるでしょう。(それでも無理かもしれません)

いますぐに転職活動するのと数年後に転職活動するのとでは紹介してもらえる求人数は格段に違います

すぐに転職活動を始めたい方は転職エージェントに登録しておくこと。求人数が一番多いのはリクルートエージェント。気になる方はこちらの記事をどうぞ⇨【レビュー】リクルートエージェントを使うメリットとデメリットを解説

キャリアアップを目指すための英語学習なら、最速で伸ばす方法を選ばなくてはなりません。

オススメの勉強方法はプログリット(PROGRIT)はのように短期間での成果に拘った英語学習サービスを利用すること。

たった3ヶ月でTOEICが200点以上伸びるというスピード感。

無料カウンセリングをしてもらえるようなので、一度話を聞いてみてはいかがでしょうか。↓

無料カウンセリング&30日間返金

公式HPを見てみる

関連記事:転職エージェントで働く私が英語学習にプログリットをオススメする理由

失敗しない転職エージェントの選び方をいますぐチェック!