英語学習

TOEIC700の転職市場価値とは?内定をもらえる求人や選べるキャリアは?

TOEIC700点というのは転職市場の中では「英語がそこそこ使える」という評価になります。

読み書きだけではなく、英語で話す機会があるポジションでも合格する可能性があるのがこのレベル。

とはいえ、あくまで「そこそこ」のレベルであり、英語での交渉ごとをまとめられるような高度なスキルがあるとはみなされません。

その意味ではまだまだ英語力をアップさせていくことで応募できる求人の幅が広がっていきます。

以降で詳しく解説していきます。

TOEIC700点の英語力は中級レベル

TOEIC700点というのは、TOEIC受験者の中でいえば上位36.5%。つまり、100人中36〜37位ということになります。

英語力としては読み書きは問題なくこなせる他、会話についてもある程度スムーズに行えるのがこのレベルです。

TOEICの点数別の分布
(※グラフはTOEICの公式HPの第255回 受験者数26,515人のスコアデータを元に作成)

スピーキング力が必要な求人で合格できる可能性がある

TOEIC700点あれば、仕事で英語でのコミュニケーションが発生するポジションでも内定をもらえる可能性が出てきます。

例えば海外営業や海外駐在ポジションのように、「海外」と名のつく求人でも内定をもらえ始めます。(実際にはスコアよりも実力の方が重視されるのであくまで目安です)

さらに英語力を高めることで選べる求人は増える

TOEIC700点では内定をもらえない求人も多く存在します。

例えば、日本法人の規模がまだ小さい外資系企業で内定をもらうには、より高い英語力が必要です。

基本的に外資系企業の場合には規模が小さくなるほどコミュニケーションは英語がメインになりますので、TOEIC800点以上はないと合格するのは難しいです。

また、同じ海外駐在ポジションについても赴任先が欧米の場合には同じく800点以上は最低必要となります。

ただ、それでも内定を絶対にもらえないというわけではありませんので、チャレンジしたい人は応募してみても良いでしょう。

市場価値を高める英語力を身につけるには

TOEIC700点ある人は800点までどれだけ早くスコアを伸ばせるかが重要になります。

市場価値は年齢とスキルがセットで決まりますので、早くスキルを上げることが市場価値を上げるor落とさないコツです。

失敗しない転職エージェントの選び方をいますぐチェック!