英語学習

TOEIC500点の転職市場価値とは?どんな求人やキャリアが選べるのか解説

TOEICを受験したけど500点だった!これって転職に有利なの?という疑問にお答えしていきます。

結論から言えば、英語力を必要とする求人に応募するにはハードルが高いので、さらなる英語力向上を目指していきたいところ。

具体的に狙える求人や伸ばし方について解説していきます。

TOEIC500点の英語力は初級レベル

TOEIC500点というスコアは、TOEIC受験者の中では上位75%程度。言い換えれば100人中75位くらいの点数です。

TOEICのスコア別順位
(※グラフはTOEICの公式HPの第255回 受験者数26,515人のスコアデータを元に作成)

あまりスコアが高い方とは言えませんが、そもそも英語が全くできない人はTOEICを受験しないと考えられますので、日本全体で見ればもっと実力は上の方と見ることもできます。

とはいえ、TOEIC500点前後の人はビジネスで英語を使っていくには少し厳しい印象。

初級〜上級までランク分けをしたとすると、初級に分類するのが妥当かと思います。

選べる求人は英語力を必要としないものが中心

TOEIC500点の人が転職市場で選べる求人としては、あまり英語力を必要としないものが中心となります。

なので、応募要件の中に「英語力必須」と書いてあるような求人では内定をもらうことは厳しいでしょう。

狙い目としては「入社後に英語をキャッチアップしていく意欲のある方」などと、最初は英語ができなくとも受け入れてくれる会社や求人がオススメです。

具体的な求人のイメージとしては、日系企業の国内関連業務、外資系企業の場合には大手の営業であれば応募対象に入ってくるでしょう。

英語力で市場価値を高めたいならレベルアップが必要

せっかくTOEICのスコアを取るなど英語を勉強しているのなら、もっと英語力を高めていくことで人材としての市場価値は飛躍的に高めることができます。

例えば、仮にTOEIC800点以上に相当する英語力を身につけることができれば、日系企業の海外関連業務や外資系企業の本国とのやりとりが発生するようなポジションも狙うことができるようになります。

日系企業の海外関連職に転職してそこから海外駐在したり、高い英語力を必要とするような外資系の上級ポジションに転職すれば年収は軽く1000万円を超えます。(2000万円を超える人もザラにいます。)

英語力を伸ばすことで市場価値アップを目指したいという方は800点台の実力を身につけることを念頭に置きましょう。

関連記事:外資系企業で働くのに必要なTOEICの点数は800が目安である理由

関連記事:独学でTOEIC400から810にスコアを上げた勉強方法と反省点

ただ、気をつけたいのがスキルアップのスピード感。年齢を重ねるほど転職市場では不利になるため、時間をかけすぎないことが重要です。

詳しくはこちらの記事をどうぞ⇨英語力は短期間で伸ばすべき理由【市場価値と年齢の怖い話】

市場価値を高める英語力を身につけるには

転職市場での価値を上げるには英語力をTOEIC800点相当以上にまで伸ばすこと、そして時間をかけすぎないことが重要です。

とはいえ、それを自分の力だけで達成するのは極めて難しいです。

ちゃんとプロに自分の英語力の課題を見つけてもらい、それにあったプログラムを組んでもらうことが最短で英語力を伸ばすコツ。

プログリットのようなコーチング型の英語学習サービスなら2ヶ月〜3ヶ月でTOEICのスコアを200点以上伸ばせるのでオススメです。

詳しくはこちらの記事をどうぞ⇨転職エージェントで働く私が英語学習にプログリットをオススメする理由

失敗しない転職エージェントの選び方をいますぐチェック!