英語学習

TOEICスコア別の市場価値記事まとめ

転職活動のために英語の勉強をされている方は多いのではないでしょうか。

事実、TOEICで高いスコアを持つことで転職活動が有利に運ぶケースは多く存在します。

中途採用は即戦力採用なので、できればビジネスレベルの英語力を身につけることが望ましく、その観点で言えばTOEIC800点以上が有利になる一つの目安になります。

今回はスコア別に転職市場での見られ方についての記事をまとめましたので、現在のご自身のスコアの市場価値と目指すスコアの参考にしてみてください。

TOEIC400点

TOEIC400点の転職市場価値とは?どんな求人やキャリアが選べるのか解説 英語力を高めることは転職活動を有利にすることは事実です。 一方、どれくらいの英語力があれば市場価値が上がっていくのかについてはよ...

TOEIC500点

TOEIC500点の転職市場価値とは?どんな求人やキャリアが選べるのか解説 TOEICを受験したけど500点だった!これって転職に有利なの?という疑問にお答えしていきます。 結論から言えば、英語力を必要と...

TOEIC600点

TOEIC600点の転職市場価値は?どんな求人やキャリアが選べるのか解説 TOEIC600点前後の人は英語力で言うとビジネスレベル一歩手前。 メールの読み書きならgoogle翻訳を使いながらこなせるもの...

TOEIC700点

TOEIC700の転職市場価値とは?内定をもらえる求人や選べるキャリアは? TOEIC700点というのは転職市場の中では「英語がそこそこ使える」という評価になります。 読み書きだけではなく、英語で話す機会...

TOEIC800点

TOEIC800の転職市場価値とは?狙える求人やキャリア TOEICで800点前後のスコアが転職市場においてどのように評価されるのかについて解説していきます。 結論から言えば、TOEIC...
失敗しない転職エージェントの選び方をいますぐチェック!