外資系企業

日本マイクロソフトへの転職は失敗?主な退職理由と転職する方法を紹介

マイクロソフト

ここでは日本マイクロソフト株式会社で働く人がどんな理由で同社を退職していくのかについて紹介します。

マイクロソフトは説明するまでもないですが外資系企業の超大手。その日本法人である日本マイクロソフトは品川に本社を構えています。

当然転職先としても非常に高い人気を誇りますが、しっかりリサーチせずに転職してしまうのは失敗の元。

どんな理由で辞めていくのかを知っておくことで入社後に「こんなはずじゃなかったのに」となるリスクを減らすことができるのでぜひ参考にしてみてください。

※同じ環境でも感じ方は人それぞれであるほか、時間経過によって社内環境がすでに変わっていることもあるので、ご紹介するような内容が現在の日本マイクロソフトの状況と完全には一致しないこともあるかと思います。ご了承ください。

退職理由の例

経験を積めたため新たにチャレンジできる環境を求めて

元々マイクロソフトで積みたいと思っていた経験がつめたり、長いこと働いてきたことで新しい経験が社内で得られなくなった結果退職していくケースがあります。

マイクロソフトでは10年以上働いている人も多くおり、そうした人は特に大きな不満がない場合でも「そろそろ転職してみようかな」と考えるようになることもあります。

日系企業であればジョブローテーションで他の職種への異動も出来たりしますが、外資系企業の場合には基本的に同じ職種で専門性を深めていくことになり、未経験の要素が強いポジションへの異動はあまりありません。

そうした背景から、新しい経験を積むために転職を選ぶ人もいるのです。

聞いていた業務内容と異なっており専門性を生かせないため

中途で入ってきた人の中には、募集段階や選考時点で聞いていた業務内容と異なる業務を任されることになりそのことが不満で退職していくケースもあります。

本来マイクロソフトのような外資系企業の場合だとジョブディスクリプションと言って募集されるポジションのミッションや業務内容が明確にされているのでギャップはないはずなのですが、現場の部門長から聞いた内容を人事が曲解して面接で伝えてしまっていたり、内定から入社までの間に組織変更などで業務内容が途中で変わってしまった、というような場合があります。

勤務地を変えるため

勤務地の問題で退職するケースもあります。

地元へのUターンを希望して退職する人や、単身赴任を解消するために退職する人などがいます。

将来的にリストラされるリスクが高いため

リストラされる不安から先に退職していく人もいます。

マイクロソフトは人の入れ替わりが割とある会社であり、定年まで働く人を見たことがない、という意見もあります。

そうした社内環境から、「定年まで安心して働ける会社で働きたい」という希望を持って転職していく人も出てきます。

より経営に近い立場で働くため

より経営に近いポジションで働く機会を求めて退職するケースもあります。

マイクロソフトは巨大企業なので上に上がっていくには実力があるだけではなく時間も運も必要になるでしょう。

そうした環境に不満を持った人がもっとスピーディにステップアップできる環境を希望して転職していくわけですね。

利益重視の姿勢が合わない

利益重視の姿勢が合わないとして退職していくケースもあります。

クライアントや一般消費者のために頑張りたい、という気持ちを持って働いている人にとっては、自社の利益を重視して顧客を蔑ろにするやり方に反発を覚える人もいるようです。

ただ、会社全てがそうした環境であるというよりは事業部によって事情は違うと思いますし、事業部長が変われば風土も変わるものなので会社全体に根付いた風土と捉えるのは早計な気もします。

日本マイクロソフトへの転職は失敗なのか?

日本マイクロソフトの退職理由をご紹介してきましたが、それらを見た上でチャレンジしたいと思える人は実際に転職してもギャップを感じることはないでしょう。

マイクロソフトは給与水準も高い会社ですし(実際給与面の不満で退職していく人はあまり見かけません)、ブランド力もあります。

すでに独立されましたが、澤円さんのような有名人も輩出しており優秀な人と働きたい人にとっても良い環境なのではないでしょうか。

日本マイクロソフトへ転職する方法

マイクロソフトに転職するなら転職エージェントの利用をオススメします。

ホームページから自己応募する方が手軽ではありますが、エージェントを使った方が、公開されていない求人を紹介してもらえたり、面接で聞かれる質問を事前に教えてくれるなど面接対策も実施してくれるので転職の成功率は高まります。

外資系企業への転職支援に強いエージェントはこちらの記事で紹介しているので参考にしてみてください。⇨外資系企業に転職したい人にオススメの転職エージェント3選

外資転職の成功率を飛躍的に高めたいなら