転職活動

面接結果が来ない理由と対策を解説します

選考結果の連絡
この記事はこんな人向け

2週間前に受けた面接の結果連絡がまだ来ないんだけど、これって不合格ってこと?それともまだ待っていたら良いの?

こんな疑問やお悩みを解決します。

結論から言えば、どんな企業でも面接結果が来ないことは基本的にはありません。

どれだけ遅くなろうが結果さえ出れば連絡はもらえるのが一般的です。

ただし、選考がストップしてしまうケースでは選考結果自体が出せないという可能性があるので注意しましょう。

詳しく解説していきます。

面接結果が来ない理由はこの3つ

面接結果が来ないイメージ

面接で結果の連絡がこない理由として考えられるのは主に以下のようなケースです。

・面接の結果が出ていない

・たくさんの候補者を選考しており連絡が漏れた

・合格の場合にのみ連絡をするスタンス

この中で最も多いのが、まだ面接の結果が出せていないケースです。

新卒の就職活動とは異なり、中途採用の場合にはいつまでに結論を出さなければならないか、が明確になっていないことも多いんです。

特に、「このポジションは妥協せずに優秀な人材を採用したい」と企業が考えている場合には、目の前の候補者に合格を出して良いかを決めきれないことがあります。

あるいは、外資系企業などで多いのが「本国からの指示で採用をストップすることになった」というケース

採用活動を一時的にストップする指示が来てしまうと、合格にも不合格にも出来ないため連絡が全然こない、という状況が起こりえます。

また、大企業や急成長中のベンチャー企業などいろんな職種で多くの人数を募集している企業の場合には、選考を受ける人数も膨大になるため結果が出ていても連絡が漏れてしまうケースはあります。

最後に、合格者にのみ結果連絡をするというスタンスの企業のケースです。

面接で不合格の人には初めから連絡するつもりがない企業の場合には、結果の連絡が来ない可能性があります。

ただし、あまりこうしたスタンスの企業は存在しません。

書類選考の場合には「合格者のみ」とすることがありますが、面接まで進んだ候補者に連絡をしない企業というのは極めて少数ですし、そうした企業は面接事に「結果の連絡は合格の場合のみとさせていただきます」などと言ってくれるはずです。

面接結果の連絡が来ない場合にはどうすれば良いか?

もし面接の結果が出ない場合には対応として以下の方法を検討してみましょう。

・企業に状況を問い合わせる

・今後企業に応募する際は転職エージェントを通す

選考結果が出ないのなら企業に問い合わせるのが手っ取り早い方法です。

ただし、多くの場合で「まだ選考中で結果が出るタイミングも正確には分かりません」と言われてしまうと思います。

もし転職活動を急いでいない場合には結果が出るのを気長に待っても良いでしょう。

でももし他の企業の選考が早く進んでしまっているのに、志望度の高い企業の結果だけが全然送られてこないという場合には企業と交渉することも重要です。

企業はあなたの転職活動の状況を把握していないので、いつまででも待ってもらえるものと考えているかもしれません。

なので企業へ「現在他社から内定が出ており回答期限が○月○日です。ただ御社の方が志望度が高いため、可能であればそれまでに合否をお知らせいただきたいのですが、、、」と投げかけてみましょう。

もし企業からの評価が悪くなく、他に候補者もいない場合にはそれですんなり合格を出してくれるケースもあります。

ただ、「待てないのならもう結構」として不合格に繋がるリスクもあるので、本当に急いでいるときにのみ交渉されることをオススメします。

また、もしこうした結果の連絡や状況説明がない状態を避けたいのなら、新たに応募する求人は転職エージェントを通すことを検討してみてください

転職エージェントを通すことで、結果が出ないにせよその理由や状況について適宜企業から確認をとってフィードバックをもらえます。

また、あなたの選考状況を企業に伝えて選考結果を早めてもらう交渉なども代行してもらうことが出来るので、一人で転職活動を進めるよりも効率的です。

失敗しない転職エージェントの選び方をいますぐチェック!