転職活動

40代で未経験の職種に転職する方法

40代から未経験で転職する男性
この記事はこんな人向け

40代だけど未経験の職種に転職したい!

こんなお悩みにお答えします。

まず、私は日頃転職エージェントに勤務しており、これまでに数多くの転職支援をしてきました。

その経験から言うと、40代で未経験の職種に転職することは極めて困難です。

20代の人が未経験の職種に転職できる確率と比べると10分の1もないでしょう。

ただし、それでも絶対に不可能というわけでもありません。

今回はその少ないチャンスをモノにする方法を解説していきます。

なぜ40代で未経験職種への転職が難しいのか?

40代になると、未経験の職種への転職は難しくなります。

その理由は、中途採用が即戦力採用を基本としているからです。

新卒の場合には将来の伸び代を考えて採用するのが一般的ですが、中途で採用する場合には採用してすぐに活躍してくれる人材を求める企業が圧倒的多数です。

なので未経験の職種では合格率が当然低くなります。

40代の方に伸び代がないわけではありません。

ただ、企業からしてみれば未経験で採用すると育成するのに時間とコストがかかります。

せっかくお金をかけて育てた人材が、育った頃には定年になって辞めてしまう、というのでは困りますよね。

なので、育成するなら若い人材を採用することになります。

おおよその感覚値ですが、40代の人がこれまでに経験したことのない職種で転職できる可能性は20代に比べると10分の1以下だと思います。

それだけ狭き門であるということを認識しておき、しっかりと対策を取ることが重要です。

40代からの未経験転職を実現した人は何をしたか?

実際に40代から未経験の職種への転職を成功させた人は一体何をしたのでしょうか。

大きく分けると以下の3つに集約されます。

①これまでの経験と新たな仕事の共通項を見つけてアピールした

②柔軟性をアピールした

③転職エージェントを通じて絶えず情報収集を行った

順番に説明していきます。

これまでの経験と新たな仕事との共通項を見つけてアピールする

既に述べたとおり、中途採用は即戦力を求められます。

未経験の職種に応募する場合、少しでもこれまでの経験やスキルが活かせることをアピールすることでハンデを減らすことができるのです。

例えば、事業企画から経理に転職したい場合、どちらも細かな数字を扱う仕事ですし、もしエクセルやVBAのスキルを身につけていれば経理への転職の際にも有利に働くことでしょう。

仕事である以上、何かしら活かせる経験やスキルというものはあるはずなので、それを洗い出す作業から始めてみましょう。

柔軟性をアピールする

40代の人材を企業が選考する際に気にする点として柔軟性が挙げられます。

基本的には年齢が若い人ほど、上からの指示に従ったり、その会社の社風に馴染みやすいと考えられています。

逆に年齢を重ねた人は頑固でなじみづらいとみなされることがあるのです。

そうした印象を持たれてしまうと選考でマイナスとなるため、書類選考や面接の際には柔軟性を持っていることを積極的にアピールすることが重要です。

職種や会社によっては20代の上司がつく可能性もありますので、そうした年下の上司との相性は選考で見られるポイントになるとお考えください。

転職エージェントを通じて常に情報収集をする

40代から未経験で応募できる求人はそれほど数多くありません。

貴重な求人を見逃さないようにするには、転職エージェントに登録しておき、求人が出たらすぐに紹介してくれる体制を整えておくことが重要です。

無料かつ利用期限があるわけでもないので、もしまだ利用していない方はすぐに2〜3社登録しておきましょう。

ただし、転職エージェントの中には個人情報の扱いがルーズだったり、強引に希望にそぐわない求人への転職を勧めてくるような業者も混じっています。

もし登録するのならプライバシーマークを取得している大手が安心です。

失敗しない転職エージェントの選び方をいますぐチェック!