外資系企業

ベイン・アンド・カンパニーへの転職は失敗?主な退職理由と転職する方法を紹介します

ここではベイン・アンド・カンパニー(Bain & Company)で働く社員がどんな理由で退職していくのかについて幾つかの事例から紹介していきます。

戦略系コンサルティングファームの世界的な大手企業であり、転職先としても非常に高い人気を誇るベインアンドカンパニー。

そんな会社をなぜ辞めていくのか。

その理由を知っておくことで、せっかく転職しても「こんなはずじゃなかったのに」といったギャップを防ぐことができます。

「こんな理由なら自分には大丈夫そうだ」や「ここは覚悟して飛び込もう」などぜひ転職活動の参考にしてみてください。

※あくまでも(元)従業員の話を元にした内容であり、企業側に裏付けをとっているわけではありませんので実際の就業環境とは異なる可能性があることご了承ください。

退職理由の例

ワークライフバランスを改善したい(残業を減らしたい)

ワークライフバランスの改善を目指してベインから他の会社へ転職するケースは非常に多いです。

コンサル業界全般に言えることではありますが、プロジェクトに関わっている期間は毎日日付が変わるまで仕事をしなければならないような環境。

コンサルという仕事が合っていると感じる人であっても、子育てと両立できないという事情から転職するケースや、「ずっと続けられる仕事ではない」として早期で退職していくケースがあります。

定時で帰りたい、という人にはまず合わない会社でしょう。

マーケや人事などコンサルタント職以外のポジションで転職する場合であればもしかするとワークライフバランスが取りやすい可能性がありますが、サンプルが少なく詳細は不明です。

コンサルという仕事が合わない

コンサルタントとしての仕事が合わないと感じて退職していく人もいます。

このケースでは入社して数ヶ月から1年以内に退職するパターンが最も多い印象。

他のコンサル会社からベインに転職した人であれば業務内容でギャップはないと思いますが、メーカーで研究開発をやっていた人やマーケティングをやっていたなど別の業界、別の職種から転職した人にとっては合わないと感じるリスクが高まります。

特に、単に合わないだけなら良いですが前述の通り労働時間がかなり長いため、合わない仕事をハードにこなす、というストレスは非常に高いと思います。

求める経験が積めたため

自分が欲しい経験を積むことができたから、という理由で退職していく人もいます。

元々コンサルにずっといるつもりがなく、数年かけてスキルを身につけたら再び転職するか独立するといったキャリアプランを持っている人に多いパターンですね。

コンサルにいると物事を整理する力、プロジェクトを管理・推進していく力、担当したプロジェクトに関わる業界や経営課題にまつわる知見、細かいところだとプレゼン資料を上手く作る力も身につけることができます。

また、ベインはブランド力のある会社ですので、「あのベインアンドカンパニーで働いていた」という肩書を得ることでその後のステップアップもしやすくなるというメリットもあります。

そうしたスキルや肩書への付加価値などを得るために入社し、それらが得られたと感じたタイミングで辞めていくという人は珍しくありません。

自社の業務改革に関わりたい

コンサルという外部の立場で顧客へ提案するのではなく、自社の経営課題を解決するために転職していくケースも非常に多いです。

コンサルでの経験を積むことで、その次転職する際には経営企画や事業企画、新規事業開発といった経営に大きく関わるポジションへ転職することができます。

コンサル業務に従事する中でそうした自社の業務改善に興味を持つ人もいれば、初めからそうしたキャリアを想定してベインに転職してくる人も多くいます。

ベインアンドカンパニーへの転職は失敗なのか?

ベインアンドカンパニーは離職率だけみると結構高めだと思います。

しかし、だからと言ってベインへの転職が失敗だと考えるのは早計でしょう。

実際に入社して後悔している人は少ない印象ですし、それぞれ明確なキャリアプランを持って働いている人が多いので、ベインの環境が不満で退職するのではなく元々の計画に沿って退職していく形なのでむしろ転職して良かったと感じている人が多いのではないでしょうか。

コンサルという業務内容や働き方の面でミスマッチが無いようならぜひチャレンジしてみてください。

ベインアンドカンパニーへ転職する方法

ベインアンドカンパニーへ転職するには会社ホームページから自己応募する方法と転職エージェント経由で応募するパターンがあります。

自己応募が手軽さという面でメリットがある反面、エージェントを通した方がベイン用の面接対策をしっかりしてもらえたり、書類選考が通るように強くプッシュしてくれるといったメリットがあるのでオススメです。

外資系企業への転職支援に強いエージェントはこちらの記事で紹介しているのでまだ登録していないエージェントがあれば登録しておきましょう。⇨外資系企業に転職したい人にオススメの転職エージェント3選

また、コンサル業界への転職支援に強いエージェントという観点で見ればアクシスコンサルティングが有名なので登録フォームへのリンクを貼っておきます。↓

新規会員登録(無料)はこちら【アクシスコンサルティング】
失敗しない転職エージェントの選び方をいますぐチェック!