外資系企業

GEヘルスケアへの転職は失敗?主な退職理由と転職する方法を解説

ここではGEヘルスケア・ジャパン株式会社で働く人がどんな理由で同社を退職していくのかについて紹介していきます。

GEヘルスケアはCTやMRIのような医用画像診断装置などを扱う外資系の医療機器メーカー大手。

転職先としても高い人気を誇りますが、そんな会社へも事前のリサーチが不十分な状態で入社してしまうと「自分には合わない」と思わぬギャップに苦しむこともあります。

転職によるミスマッチを減らすためにはどんな理由で辞めていく人がいるのかを知っておくことが重要です。

ぜひ転職活動の参考にしてみてください。

ただ、注意すべきこととしては同じ環境でも人によって感じ方は人それぞれである点、そして時間が経てば会社も変わるので必ずしも自分が入社する時と同じ環境ではないという点が挙げられます。

それらを念頭に置きつつ、「こういった理由なら自分には大丈夫そうだ」や「この理由は嫌だけど覚悟して飛び込もう」と情報収集に生かして行ってください。

転職理由の例

リストラ(事業部閉鎖によるポジションクローズ)

リストラによって退職するケースがあります。

GEヘルスケアはいくつもの事業部から構成されています。

全社としては業績が良かったとしても、事業部としての業績が悪い場合には部署が閉鎖されることもあり、当該部署で働いている場合にはリストラされる可能性が出てきます。(運が良ければ他の部署への異動できる可能性があります。)

また、部署が閉鎖されるのではなく海外に移管される場合もあります。

このケースでも、海外転勤ができない限りは退職せざるを得なくなることがあります。

ワークライフバランス改善のため

ワークライフバランスを改善したいとの理由から退職する人もいます。

業務が忙しくて残業時間が多くなってしまう人や、通勤時間が長すぎることから転職していくケースがあります。

マネジメントに上がれる見込みがないため

マネジメントに上がれないという理由で退職するケースもあります。

GEヘルスケアジャパンは巨大な組織ですので、昇進するにも上が詰まってしまっています。

ベンチャー企業のように組織が急拡大している企業であれば新たなポジションが出来ていきますが、ある程度ビジネスも組織も成熟しているGEのような会社では新しく管理職のポストが作られることはほとんどありません。

つまり、自分が上の役職に就くには上の人が退職するしか無いわけです。

その見込みがなさそうだと感じた人が同社を退職して、より早期にマネジメントに上がれそうな会社に転職していくことがあります。

不満はないが条件アップで声がかかったため

特に大きな不満がなくとも退職するケースもあります。

GEヘルスケアのような外資系企業で働く人の中には、定期的に転職エージェントとコンタクトを取っておき、外部にもっと良いチャンスがないか情報収集している人も数多くいます。

その中で、今よりももっと上の役職に就けるとか、年収が上がるとか、やりたかった仕事をやれるチャンスが求人として出てきた場合にはGEを退職していくこともあります。

GEヘルスケアへの転職は失敗なのか?

GEヘルスケアの製品は日本でも高いシェアをとっており、日本の医療に不可欠な存在となっています。

そうした会社ですので就業環境としてもある程度安定性が見込めるでしょう。

今回ご紹介したような退職理由を踏まえて、それでもチャレンジしてみたいという人であれば転職してギャップを感じることも少ないはず。

ぜひトライしてみてください。

GEヘルスケアに転職する方法は?

GEヘルスケアジャパンに転職する方法としてはホームページからの自己応募と、転職エージェント経由で応募する方法とがあります。

自己応募は手軽というメリットがありますが、エージェント経由の方が公開されていない求人を紹介してもらえたり、過去の選考の傾向を踏まえた面接対策などを実施してもらえるのでオススメです。

GEのような外資系企業への転職支援に強いエージェントはこちらの記事で紹介しているので参考にしてみてください。⇨外資系企業に転職したい人にオススメの転職エージェント3選

失敗しない転職エージェントの選び方をいますぐチェック!