面接

【転職】一次面接合格のサインの見極め方はある?【合否が待てない方向け】

転職するかどうか悩んでいる人
この記事はこんな人向け

・面接の中で合否を知るサインってあるの?

・面接時間がすごく短かったけどこれって不合格なの?

「面接で盛り上がったのに不合格だった」「短時間で面接が終わったのに合格していた」など、面接時の印象と結果が合っていないと不安になりますよね?

面接官は面接の中で合格や不合格のサインを出しているのかどうか、転職エージェントの経験からご紹介します。

一次面接の面接官は合否のサインを出さない

結論から言えば、一次面接で面接官が合否のサインを意図的に出すことはありません

最終面接であれば意思決定権を持った役員が面接官として面接するので、面接の中で直接「合格です。うちに来てほしい」などと言われることもあり得ますが、一次面接ではそうした意思決定をする権限を面接官は持っていません。

仮にそのまま他に候補者が出てこなければ唯一面接した候補者を通過させなければ採用ができません。

逆に面接の中では良いと思っていても他にもっと優秀な候補者が何名も出てきた場合には、忙しい役員に面接してもらう人数を絞る必要が出てくるため、落とすことになるでしょう。

つまり、面接の最中に合否のサインを出すのは一次面接官にとってリスクしかないのです。

しかし、面接官も人間なので、ついつい意図せずに立ち振る舞いに出てしまうことがあります

以降でそうした面接官の意図せぬサインをご紹介していきます。

合格のサインになりうること

面接時間が予定通りに終わる

面接時間は1時間程度を予定していることが多いですが、その時間通りに面接を終えるかどうかは重要なポイントとなります。

時間通りに終えられたということは、面接官はあなたについて知りたいことを十分に理解することができたということだからです。

面接が盛り上がった

面接官と出身が同じだったり、前職が同じだったり趣味が同じだったりと、共通点があると面接は盛り上がりがちです。

仮に一次面接官が上司となる人であれば、面接で盛り上がるのは大事なことです。

上司部下の関係がうまくいっていると仕事面でもパフォーマンスが上がりやすいので、相性は面接で見られるポイントとなります。

盛り上がったということは少なくとも人間関係の相性は問題なかったと捉えて良いでしょう。

他の企業の選考状況を聞かれた

他の企業の選考状況を聞かれるのはあなたに興味があるからですので比較的ポジティブなサインです。

企業が選考状況を聞く意図としては、あなたが他の企業で先にオファーをもらって転職先が決まることになっては困るので、選考スピードを合わせられるように社内調整をする必要があるためです。

しかし、他にも選考状況を聞く場合があるので注意が必要です。

それが、あなたの転職の軸を炙り出すための質問の場合です。

要は、その会社以外にどんな会社を受けているのかを聞くことで、あなたが転職で実現したいことや本当の転職理由を探ろうとしているのです。

例えば転職理由として答えた内容と応募している企業とが合っていない場合にはその理由を深く突っ込まれていくことになるでしょう。

不合格のサインになりうること

面接時間がかなり短かかった

通常1時間の面接時間で開始10分で終わってしまった、ということであればなかなか合格するのは厳しいかもしれません。

10分などという短時間で帰してしまっては、わざわざ来社してもらった候補者に対して失礼です。

その失礼なことをしても良いと判断されたということはあまり評価が高くなかったという可能性が高いでしょう。

しかし、必ずしも不合格とは言えないケースもあります。

なぜなら、面接官は管理職で忙しくしているため、前後の予定が詰まっていることが当たり前だからです。

つまり、急な業務の予定が入ってしまい面接を長く行うことが出来ないなど、あなたの評価に関わらず短時間で終えざるを得ないというケースは十分に考えられます

あるいは、面接官がそういうタイプの人物というケースもあります。

無駄話はせず、必要最小限の内容で面接を終える合理的なタイプの方であれば短時間で面接が終わるのが普通です。

なので、面接時間が短かかったからといってそこまで悲観する必要はありません。

面接時間がかなり長い

面接が盛り上がった結果であれば良いのですが、企業からこれまでの仕事や転職理由について深く聞かれた結果面接が長時間に及ぶのはあまり良いサインとは言えません。

面接を終えると転職エージェントは企業の人事や採用窓口の方に「面接はどうでしたか?」と聞くのが一般的です。

そこで「いや〜、いろんな角度から質問してみたんだけどあんまり光る部分を見つけられなくてさ〜。不合格かな。」のようなフィードバックをもらうことが多いからです。

企業からすれば貴重な候補者なので、その人の良い部分を見つける努力をするのですが、次の選考に進めるほど評価できるポイントを見つけられなかった場合、結果として面接時間が長くなることがあるんですね。

面接官の態度が怖い

一般的には評価の高い人材には好意的に接するものですので、高圧的だったり怖く感じてしまう面接は面接官からの評価が低い可能性が考えられます。

しかし、こちらも面接官の人物タイプでいつでも怖く見える方も多くいますのでそこまで気にする必要はありません。

また、面接官が前後の業務の関係で面接での態度まで気にかける心の余裕がないということも考えられます。

直前に役員に怒られたばかりなのに面接で候補者に笑顔を振りまくのはなかなか難しいものです。

まとめ

面接の中で合否のサインは基本的に見つからないものとして面接を受けた方が良いです。

あまりに面接官を意識しすぎて本来伝えるべきことが伝えられなかったり、面接官の質問の意図を取り違えて回答してしまうとそれこそ面接で落ちる原因となります

もし面接が通過しないとお悩みであれば、転職エージェントを変えるのも手です。

転職したい企業に強いエージェントを使えば、過去の面接で聞かれた質問や合格する人の傾向を教えてもらえることでしょう。

お勧めの転職エージェント
誰にでもオススメできる転職エージェント4社を厳選 本記事で解決する疑問や悩み ・転職エージェントがたくさんありすぎて、どこに登録したら良いかわからない こんな疑問を解消します。...
失敗しない転職エージェントの選び方をいますぐチェック!