転職活動

試用期間での退職は転職活動に不利なのか?【成功率を高める転職理由の伝え方】

退職期間中
この記事はこんな人向け

試用期間中に退職するのって転職活動に不利に働くのかな?

転職した初日に合わないと感じた。もう辞めたいけどそれってどうなの?

こんな疑問を解消します。

試用期間で退職してしまうと「転職で不利になるのでは?」と不安に思いますよね?

転職エージェントの経験をもとに言えば不利になることが多いです。

ただし、企業側に非がある場合には問題ないとみなされるケースや、伝え方によってある程度フォローできる場合もあるので詳しく解説していきます。

試用期間で退職する人は1%〜3%前後いる

試用期間中に退職する人はどれくらいいるのでしょうか?

正確な統計データはありませんが、転職エージェントとしての経験から申し上げるとおよそ1%〜3%前後が試用期間で退職している印象です。

当然、定着率が高い企業もあれば低い企業もあるので一概には言えませんが、試用期間で辞めてしまう人はそれほど珍しいわけではありません。

なので例え試用期間で退職してしまったとしても、必要以上に落ち込む必要もありません。

試用期間での転職活動は不利になることが多い

入社した会社を試用期間中に退職する場合、次の転職活動では不利になることが多いです。

例えば、試用期間中に転職活動する場合と、同じ会社に3年勤務した人とが転職活動をする場合とで比較すると書類選考通過率は2倍以上の差がつくイメージです。

なぜ不利になるのかというと、企業から見た印象として「忍耐力がない」「会社のせいにしがちな人材である」のように映ってしまうからです。

なのでできれば最低1年以上は仕事を続けることが望ましいですが、それが難しい場合には短期間での転職が不利になる点をある程度覚悟して転職活動に臨むようにしましょう。

ただ、転職理由次第では問題ないとして普通に内定をもらえることがあるので、後ほど詳しく解説していきます。

試用期間でのよくある退職理由7つ

辞める理由としては自己都合の場合もあれば会社都合の場合もありますが、その割合は半々くらいですね。

具体的には以下のような理由で辞めることが多いです。

遅刻や無断欠勤が多かった

社会人であれば正当な理由のない遅刻や欠勤はしないのが常識とされています。

特に転職したばかりであれば尚更です。

そんな中、無断での遅刻や欠勤が多いと会社からの不信感が強まりますので試用期間を満了できないことがあります。

親の介護や子供の送り迎えなど正当な理由があったとしても、それが業務に大きく支障が出る場合には他の人を採用する必要が出てくるため、退職を迫られることがあります。

セクハラなど社員とのトラブルを起こした

特に飲みの席での失態が多いですが、お酒が入ったことで女性社員にセクハラしてしまったり、役員に失礼なことを言ってしまったりすると社内の調和を乱す存在としてそのままクビになることがあります。

入社してしばらくは緊張状態が続きますので、お酒が入るとハメを外しすぎる方が出てくるので要注意です。

必要な試験で合格できなかった

業界未経験者を採用する際、試用期間内に業界や仕事の知識を身につけることを前提に採用することがあります。

その場合、しっかりと求める水準までスキルを身につけたかどうかを確かめるために筆記試験やロールプレイといったテストを課されることがあり、そこで合格しないとそのまま辞めることとなる場合があります

私が転職をご支援した方の中にも試用期間を満了するための実技試験(営業のプレゼン)を合格できずにそのまま退職となった方がいました。

また、製薬業界のMRのように自動車の運転免許が必須である職種で運転免許を取得できなかった場合にも同じく試用期間を満了できない可能性が高いです。

会社からの期待値に届かなかった

管理職クラスなど、即戦力としての活躍が期待される重要なポジションで採用された場合、試用期間中にどれだけ成果を上げられるのかをシビアに見られることになります

特に年収が高い人ほど期待値は高くなりますので、超えなければならないハードルも比例して高くなっていきます。

仕事が聞いていた内容と大きく異なることがあった

会社から見放されるのではなく、個人の方から辞めるケースとして多いのは事前に聞いていた業務内容と実際に任される業務内容とが大きく異なるケースです。

それまでの経験を十分に生かせなかったり、活かせるもののやりたいことと違った場合には、まだ傷の浅いうちに他の企業に転職する道を選ぶ人もいます。

例えばマーケティングの仕事と聞いていたのに蓋を開けてみると営業だった、といったような事例があります。

こうしたトラブルを防ぐには応募時や選考の過程でしっかりと業務内容を確認しておくことが重要です。

特に日系企業は外資系企業と違って事前に仕事内容を明確にしないことが多いため、仕事内容の食い違いトラブルが起こりやすいです。

給与や賞与が事前に聞いていた内容と大きく違った

仕事内容は問題なくとも、給与が試用期間中に大きく下がるように設定されていたり、賞与が支払われると聞いていたのに入社してみるとここ何年も業績が悪くてボーナスが出ていないなど、条件面で聞いてた話と異なる場合には自ら退職を選ぶ人もいます。

試用期間中の給与条件や、賞与の支払い実態は事前にエージェントや企業に確認しておきましょう。

「自分の営業目標を達成した場合に賞与がもらえる。ほとんどの営業が達成している。」と聞いていたのに実際は上位1割くらいの人しか達成していない、といったこともあります。

企業側についていた嘘が発覚した場合

何度も転職を繰り返している人が、転職回数で不利になるのを恐れて転職回数で嘘をついていたり、学歴を詐称していたりと、嘘をついて転職活動を有利にしようとする人は一定数います。

そうした嘘が入社後に会社側にバレるとそのまま首になるケースがあります。

嘘は絶対にダメです。

経歴詐称の噂は業界内や転職エージェント内でも広まる可能性があり、将来的なキャリアに傷をつけることになります。

企業側に非がある場合には不利になりづらい

試用期間中に退職していても、それが次の転職で不利になるとは限りません。逆に言えば、理由によっては不利になります。

不利にならない理由としては、会社側が伝えていた内容が嘘だった場合です。

会社側に非がある例としては先ほどご紹介した中だと以下のような例が当てはまります。

・仕事内容が聞いていた内容と異なる(海外営業と聞いていたのに国内営業をやらされている等)

・給与や賞与の金額や支払い条件が聞いていた内容と異なる(賞与は毎年出ていると聞いていたのに業績が悪くて出ていないことが判明したなど)

こうした理由は個人に非がないことなので、短期での転職であっても不利にならないことが多いです。

一方、不利になる理由としては個人に非がある場合です。

例えば、嘘が発覚した場合や無断欠勤が多い場合、社員や取引先と大きなトラブルを起こした場合などが該当します。

自己都合の場合の伝え方のコツ

もし会社側に非がなく、自分自身の問題で退職する場合には伝え方を工夫するようにしましょう。

その際、できるだけ事実に基づいてポジティブな表現に言い換えることが重要です。

例えば飲みの席で役員に失礼な発言をしたなど、従業員間のトラブルで退職に至った場合は以下のように言い換えると印象が良くなるはずです。

早く会社に馴染むために努力したことが、結果的に他の従業員を不快にさせてしまった。そのことで仕事面でも支障が出るようになったため退職することを決断しました。

「会社からの期待値に届かなかった」は微妙なところです。

本人ができると言っていたのにできなかった場合はダメですが、会社が任せたいと思っていたことが十分に共有されていなかった場合は採用ターゲットと自分のスキルとが単にミスマッチだっただけで採用側のミスとも言えます。

期待値ギャップでの退職の場合、面接での伝え方としては以下のような感じが無難です。

自分の強みと会社が求めることにギャップがあり、早期ではありましたが双方合意の上で退職することとなりました

ポジティブな言い方に変換したら必ず選考に受かるというものでもありませんが、言い方次第で相手が抱く印象が大きく変わることも事実です。

どんな風に伝えるのが良いか、自分だけでうまく整理できない場合には転職エージェントに相談してみてください。

退職を決めたらすべきこと

試用期間中での退職を決めたらすべきことについてご紹介していきます。

履歴書と職務経歴書の更新

転職活動を始めるにあたって、まずは履歴書と職務経歴書を更新しましょう。

どれだけ短期間しか在籍していなかったとしても、履歴書と職務経歴書には在籍していた事実を記載しなければなりません。

「転職活動に不利になるから」と記載しないと、大問題になりますので必ず正確に記載するようにしましょう。

辞める会社を紹介してくれた転職エージェントへの報告

もし今の職場への転職に際して転職エージェントを利用していた場合、そのエージェントに試用期間で退職することになったことを報告しておきましょう。

もし企業に非があり、それが恒常的に行われているようであればその企業にもう人材を紹介しないようにする必要があるからです。

また、もしあなたに非がある場合であれば、エージェントからも企業に謝罪をすることで丸く収まることもあります。

もし可能であれば、退職を決める前に一度相談しておく方がベターです。

新たに転職エージェントへの登録

次の転職先を探すにあたっては転職エージェントに求人を紹介してもらいましょう。

今の職場への転職を支援してくれたエージェントにもし再登録できるようであればそこでも構いませんし、選択肢を増やす上では新たに別のエージェントに登録するのも良いでしょう。

失敗しない転職エージェントの選び方をいますぐチェック!