外資系企業

コカ・コーラボトラーズへの転職は失敗?退職理由の例と転職する方法を紹介します

ここではコカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社で働く従業員がどんな理由で退職していくのか、いくつかの事例をピックアップしてご紹介していきます。

コカ・コーラボトラーズジャパンは主に「自動販売機事業」「コンビニやスーパー向け事業」「飲食・売店向け事業」などを運営している企業です。

コカコーラを扱う会社として転職先としても人気の会社ですが、転職した後で「こんなはずじゃなかったのに」と後悔しないようにするためには事前にどんな理由で辞める人がいるのかを知っておくことが重要です。

その上で、「こうした事例は自分には当てはまらなさそうだな」とか「この理由は自分にとってもネガティブな要素だけど覚悟して飛び込もう」だとか、考えを整理していきましょう。

是非転職活動の参考にしてみてください。

※あくまでも働いていた人の意見をまとめたもので企業側に裏付けが取れているわけではありません。企業の実態と異なる可能性がある点ご了承ください。

日本コカ・コーラ株式会社で働く従業員が退職する理由についてはこちらの記事で紹介しています。

退職理由

求めていた経験を積めたので

当初の目的を果たせたため退職したというケースがあります。

外資系企業で働く人の中にはキャリアプランが明確にあり、その実現のために転職を繰り返していくタイプの人も多くいます。

そうした人は、コカコーラボトラーズで働くことで身につけたい経験やらスキルが初めからあり、それが達成できたため次の職場を探して転職することになります。

業績不振により早期退職に応募(リストラ)

リストラで退職した人も一定数います。

コカコーラボトラーズジャパンでは自動販売機事業の不振もあり、2020年10月に900名の人員削減を行うと発表しました。

これはリストラの一種ですが、あくまでも「割増賃金出すから辞めたい人は手をあげて」というスタイルのリストラであり、外資にありがちな「明日から来なくて良いです」というような一方的なクビではありません。

希望に合わない異動

自身の希望とは違ったポジションへの異動が命じられて退職するケースもあります。

企画よりの業務からオペレーション寄りの業務に移ったり、転勤が発生したりと、その人のキャリアプランやライフプランを見直さなくてはならないような辞令がきたタイミングで退職していく人はいます。

特に事業環境が大きく変わるタイミングでは組織も見直されるため、そこでポジションや部署の統廃合も発生しますし、人の配置転換も当然起きます。

その結果、元々携わっていた仕事から離れる人も出てくるので、キャリアや生活拠点に強いこだわりのある人は転職せざるを得なくなる場合があります。

英語ができないと仕事の幅が広がらないため

コカコーラボトラーズは外資系企業です。

そこで英語力がない人が自身のキャリアに不安を感じて退職していくケースもあります。

外資系企業の場合には営業担当者なら英語力は不要ですが、人事や経理、マーケティング関連のポジションや、一定以上の役職になると英語を使って海外とコミュニケーションを取る機会が多くなってきます。

逆に言えば、英語ができない人にはそうしたポジションに就く機会が与えられないということですので、英語が苦手とか勉強したくないという人にとってはキャリアの幅を広げづらい環境と感じられるようです。

年収改善のため

業績悪化により給与が下がり、生活が苦しくなった結果転職していった、というケースもあります。

特に結婚して家庭を持っている人は収入を減らせない方も多いため、年収が下がると転職せざるを得ないという状況になる方も多くいます。

新しい経営陣のやり方が合わない

コカコーラボトラーズは社長が外国人の方に変わりました。

このタイミングで社風ややり方が大きく変わったようで、それを機に退職していく人が出ました。

経営陣が変わると会社は大きく変わるので、同社に限らず転職する人が一定数出てきますね。

コカコーラボトラーズへの転職は失敗なのか?

業績が悪化したことが原因で退職した人が多い印象で、業績さえ回復する兆しが出てくれば働く環境としては取り立てて問題があるようには思いません。

また、こうした業績が厳しい環境下だからこそ、「これまでのやり方を大きく変えて、改革してほしい」といったチャレンジングなポジションが求人として発生する可能性も高くなります。

もし今回紹介したような退職理由を踏まえて、飛び込む覚悟がモテるようであればぜひチャレンジしてみてください。

コカコーラボトラーズへ転職する方法

コカコーラボトラーズに転職するにはコカコーラボトラーズの採用ページから自己応募するか、転職エージェントを使って求人紹介を受ける方法があります。

自己応募は手軽な点が最大のメリットですが、その反面、転職エージェント経由でしか応募できない求人があったりすることが多いので、貴重な機会を逃してしまう可能性もあるのでエージェントにも複数登録しておくのがオススメです。

外資系企業への転職支援に強いエージェントはこちらの記事で紹介しているので参考にしてみてください。⇨外資系企業に転職したい人にオススメの転職エージェント3選

また、実際にコカコーラボトラーズで働いている人の口コミが見たいという人は、転職会議という口コミサイトに登録すれば一定期間無料で見ることができますので登録してみてください。⇨公式HPから転職会議に無料登録する

失敗しない転職エージェントの選び方をいますぐチェック!