転職エージェント

パソナキャリアのレビュー【体験談からメリットとデメリットを解説】

パソナキャリア
この記事はこんな人向け

・どの転職エージェントに登録しようかな?

・パソナキャリアを使うメリットやデメリットって何?

こんな疑問を解決します。

私は転職エージェントで勤務しており、同業者ではありますがパソナキャリアのサービスを利用したこともあります。

パソナキャリアを使ってみた経験をもとに、メリットやデメリットを紹介していきますね。

パソナキャリアって?

パソナキャリアは総合人材会社のパソナが運営する転職エージェント事業のブランドです。

パソナのことをご存知の方は多いと思いますが、パソナグループ全体としては以下のように人材関連でかなりいろんな事業を手がけいます。

・人材派遣

・委託/請負

・HRコンサルティング

・研修/教育

・人材紹介

・再就職支援

・アウトソーシング

転職エージェントは日本に沢山ありますが、その中でも大手の中に入ります。

競合はリクルートエージェント、doda、マイナビエージェントなど

パソナキャリアの特徴

分業型

転職エージェントには分業型と両面型と呼ばれる2つに分けることができ、パソナキャリアは分業型に分類されます。

分業型のメリットとしては、転職希望者に寄り添ったサービスを提供できる点が挙げられます。

大手総合型のエージェントは大体分業型をとっています。

扱っている求人ごとにブランドが分かれている

パソナキャリアは人材紹介(転職エージェント)事業の中でも扱う求人によってブランドを分けています。

メインとなるブランドがパソナキャリアカンパニー、海外転職関連のパソナグローバル事業本部、ハイクラスな求人を扱うパソナフォーチュンの3つでサービス展開しています。

サービスラインナップが幅広いのでどんなキャリアの人でも合うサービスが見つかるはず

パソナキャリアを利用するメリット(強み)

オリコンの顧客満足度ランキング1位の丁寧なサポート

パソナキャリアの最大の強みは丁寧なサポートです。

実際に、オリコンの顧客満足度ランキングで2年連続1位を獲得しているなど、親切丁寧なサポートに定評があります。

転職エージェントって割と企業寄りのスタンスで仕事をする人が多いんですが、パソナキャリアは転職希望者に寄り添うスタンスが強い印象。

なので転職初心者の方でも安心して登録できるエージェントなんです。

私も複数のエージェントを利用していますが、その中でも一番安心してサポートを受けられているのがパソナキャリア ですね。

面談して以降も定期的にキャリアアドバイザーの方からメールを頂いたり、親切にしていただいています。

ちなみにTwitter上での口コミもポジティブなコメントが大多数でした。詳しくはパソナキャリアを使って転職活動をした人の口コミまとめをご覧ください。

求人数の多さが業界トップクラス

パソナキャリアはいわゆる総合型のエージェントと呼ばれ、数ある転職エージェントの中でも業界大手であり、保有する求人数は業界随一です。

取り扱い求人数が少ないエージェントだと、中には強引に少ない求人の中から転職させようとする場合もあるので注意が必要ですが、パソナキャリアは沢山の求人を持っているので特定の求人を無理に進める必要がないんですね。

本当に応募したい求人にだけ応募できる安心感があります。

公式サイトから登録する

パソナキャリアを利用するデメリット(弱み)

若手向けがメインでありハイクラス人材へのサポートは弱め

パソナキャリアは20代〜30代の転職支援が中心なので、40代以降でハイレイヤーな人材層の転職支援にはあまり強くありません。

ハイクラス人材を扱うパソナフォーチュンというブランドを持っていますが、パソナは元々そうした高年収帯の転職支援は他の大手に比べると弱めです。

年収1000万円とか貰っている人は他のエージェントの方が良いかもしれません

再就職支援(アウトプレースメント)事業を行っているので、高い年収帯の人材を扱うこと自体は経験豊富ですが、それと人材紹介(転職エージェント)事業は全く別物。

求人数やコンサルタントの質を含め、年収が800万円以上ある人であればリクルートエージェントに登録した方が良いです。

既に使っているところに加えてもう1社エージェントを増やしたい時に登録するくらいで大丈夫です。

他の大手に比べると求人数が少なめ

パソナキャリアは業界大手ですが、dodaやリクルートエージェントなど他の大手に比べるとやや求人数は少なめです。

保有している求人数も違いますが、紹介するスタンスにも違いがあります。

紹介するにあたっては応募要件やこちらの希望との合致度も精査してくれる分、紹介される求人数はdodaやリクルートエージェントと比べると見劣りしますね。

合格するかどうかはともかく、とにかくたくさん求人を紹介してほしい!という方だと物足りないかもしれません。

と言っても、大手なのでかなり多い方なんですけどね。

流石に他の中小エージェントに比べると求人数の桁が違います。

求人数はdoda,リクルートエージェント>パソナキャリア>マイナビエージェントという感じです。

手間が増える

これはパソナキャリア独自の問題ではありませんが、使うエージェントを増やすたびに連絡する手間は増えていきます。

基本的には3〜4社程度の利用にとどめておいた方が転職活動はスムーズかと思います。

とはいえ、これも中小のエージェントだと何度も何度も電話してきて応募を迫ってくるような場合もあるので、そうした心配がないだけ手間はかなり少ないエージェントだと思います。

私は登録してから応募していないというのもありますが、基本的には電話ではなくメールで近況伺いの連絡が来る程度です。

当然、求人の紹介は定期的にしていただけており、程よい距離感に満足しています。

コンサルタントに当たり外れがある

こちらもパソナキャリアに限った話ではありませんが、コンサルタントの質にはバラツキがあると考えた方が良いでしょう。

幸い、私の担当をしてくださっている方は素晴らしい方でしたが、転職エージェントはどこもここ数年で大量に採用しており、質の悪いコンサルタントも多いです。

パソナキャリアは基本的に「人の良い」タイプの方が多いですが、中には「優しいだけでスキルはない」コンサルタントも一定数いるのではないでしょうか。

登録から求人紹介までの流れ

登録から求人紹介まではおよそ以下のような流れで行われます。

会員登録⇨面談日程調整⇨マイページから履歴書と職務経歴書をアップロード⇨面談⇨求人紹介

登録から求人紹介までは早ければ3営業日くらいで終わります。

会員登録はパソナキャリアのホームページから3分程度で行えます。

公式サイトから登録する

登録やサービスの利用にお金はかかりません。

パソナキャリアのトップ画面

氏名や連絡先など、簡単にプロフィールを入力して登録が完了します。

登録してからしばらくすると面談調整の案内が来るので日程調整をしましょう。

日程調整が完了すると以下のようなメールが届きます。

面談日時の案内メール

利用した感想

良かった点

登録から面談まででよかった点はこんな感じ。

・登録から面談まで次にどうすればいいのか指示が明確で迷わない

・面談前日には登録したメールアドレスとSMS宛に面談日時のリマインドメールが届くので忘れない

・面談場所のアクセスが東京駅から近くて便利

大手だけあって業務フローがきっちりしてますし、不安に感じる点もなかったです。

続いて面談〜求人紹介でよかった点はこちら。

・他の大手エージェントよりもこちらに寄り添って話を丁寧に聞いてくれた

・担当の方が事前に職務経歴書をよく読み込んで面談に臨んでおり、こちらの状況をよく理解してくれていた

・こちらの経歴や事前に入力した希望条件をもとに、面談時にはご紹介いただける求人をたくさんご用意いただいていた。

・こちらの強みを定義し、それに合った求人をご提案いただけた

・事前に企業担当者から紹介求人について深いところまで聞いており内情を詳しく説明してくれる

面談を終えてまず思ったのが「オリコンの顧客満足度1位ってダテじゃないな」でした。

傾聴・共感の姿勢と提案が両立していて嫌味を感じないのはすごいスキルだと感じました

マイナビエージェントはどちらかと言えばキャリアの浅い方でもこなせるように面談の形式を固めている印象を受けましたが、パソナキャリアのキャリアアドバイザーの方は経験豊富な分、面談の進め方はフリースタイルという感じ。

仕事の細かい点のヒアリングよりも、こちらがどんなことで悩んでいて、これからどうしていきたいのかを丁寧に聞いてくれました。

また、聞いた内容をもとに、「それならこの求人はダメですね」とか「こっちの求人の方が合うかも」など、親身に相談に乗ってくれたのがとても印象的です。

悪かった点/気になったこと

パソナキャリアのサービスを利用した印象として、ネガティブなポイントはあまりないのですが、あえて挙げるなら2点。

・予約が立て込んでおり平日の夜だと面談が調整しづらい

・要望の出し方によっては紹介する求人を絞り過ぎてメインで使いづらい

まず、登録してからの面談の調整が難しかったですね。

人気のエージェントなので平日夜の時間帯は割と埋まってしまっています。

面談の日程調整については、平日の夜は混み合うので早く相談したい場合は平日の昼間がおすすめです。

私の場合はどうしても平日の夜がよかったのでそれで調整できる日程を探してもらったところ、2週間後の日程で設定できました。

また、パソナキャリアは「他社と同じ求人を紹介しても面白くないので、こんな求人はいかがですか?」というスタンスでした。

他のエージェントと併用する前提で求人をお勧めしてくれていたわけです。

基本的に紹介する求人の希望との合致度を重視するあまり紹介する求人をかなり慎重に選んでいる印象を受けました。

なので、パソナキャリアをもしメインで使いたい場合、かつ積極的に求人に応募していきたい場合であれば、「幅広く紹介してほしい」と伝えることも必要になってくるかもしれません。

結論:転職に慣れていない人は絶体に使うべきエージェント

同業者なので評判は聞いていましたが、実際に利用してみてサポートの丁寧さはより強く実感することができました。

パソナキャリアの面談を受けた人がキャリアコンサルタントに憧れるケースも多いんじゃないですかね。

ガツガツくるエージェントだと転職に慣れていない人はエージェントの勧めるがままに応募して結果的に転職して失敗だったと感じるケースもあります。

そうした転職に不慣れで親切丁寧なサポートの下で転職活動を進めたいという方であればパソナキャリアが間違いなくオススメです。

利用登録は無料でこちら↓からできるので、よかったら一度パソナキャリアのアドバイザーに相談してみてください。

公式サイトから登録する

パソナキャリアについてもっと詳しく知りたいという方はこちら↓に記事をまとめています。

パソナキャリアのオフィス
【記事まとめ】パソナキャリアを使いこなすための完全マニュアル この記事はこんな人向け パソナキャリアを使おうか迷っていていろんな情報が欲しい! 使うべき年齢 転職エージェントはそれぞ...

その他のエージェントの利用体験談はこちら↓

マイナビエージェントのロゴ
マイナビエージェントの利用体験談【メリットとデメリットを分析】 本記事の対象者 ・転職エージェントに登録しようと思っているけどどこがいいのか分からない ・マイナビエージェントを使うメリットやデ...
dodaブランドのロゴ
dodaのサービス体験談とレビュー【メリットとデメリット】 本記事が解決する疑問や悩み dodaってよく聞くけど実際のところどうなの? dodaを使うメリットやデメリットが知りたい! ...
リクルートエージェントのホームページ
【レビュー】リクルートエージェントを使うメリットとデメリットを解説 本記事はこんな人向け 転職活動したいけどどの転職エージェントを使えばいいのかな? リクルートエージェントって有名だけど実際のとこ...

また、転職エージェントは複数登録することでキャリアの可能性をより広げることができます。

複数登録するメリットについては以下の記事で紹介していますので、参考にしてみてください。

複数の転職エージェントを使うメリット
転職エージェントは何社に登録すべき?複数登録するメリットとデメリット この記事はこんな人向け 転職エージェントって何社に登録すればいいの? こんな疑問にお答えします。 結論から言えば、転職エ...
失敗しない転職エージェントの選び方をいますぐチェック!